スポンサーリンク
子育て

『精神と時の部屋』

保育園という場所に力を借りていい部分と、

寄りかかりすぎてはいけない部分の線引きは、夫婦で話してきているつもりだ。

その線引きを曖昧にして、

「保育園では教えてあげてくれないんですか?」

そんな恥ずかしい質問なんか出来る訳もない。

そして、「ご家庭では教えていないのですか?」

逆にこう質問された時の恥ずかしさも容易に予想が出来る。

そうなる前に、「家で教えれる事はそっちから優先させよう。」

そう判断し今日は保育園を休ませ、

つむぎを『精神と時の部屋』に入れた。

厳密には、『トイレ』という名の『精神と時の部屋』に入れた。

つむぎはずっとうんちをする時だけ、トイレを怖がってパンツにしてしまう。

ツマが保育園で同じクラスの子どもに、「トイレ怖い?」と尋ねたところ、

「怖くない!」と言ってトイレでうんちをしているらしい。

これは家で【出来るキッカケ】を作ってあげないとこの子が可哀想。

【出来るキッカケ】さえあれば後は慣れていく。

そう思った。

「怖くない。パパもママもいるから怖くない。」

そう言い聞かせ、来るべく瞬間に心を構えていると、

「うえぇ〜ん」

ひかりが泣いた。

様子を見に行くと、何やら臭う。

「お姉ちゃん、わたしも頑張ったよ。」

涙ながらにそう伝えたかったのか、

一足先に、ひかりは自分のフィールドでうんちをクリアした。

次はつむぎの番。

しばらくして、ソワソワし始めた様子をツマもワタシも見逃さず、

トイレ、いや、『精神と時の部屋』に誘導。

あの手この手でエールを送り、

「1人で出来る」が設定したゴールの為、

「出たら呼んでね。」と言い残し、ここからしばらくは別室で待機。

10月のディズニー行きが決まってから、

「トイレでうんち出来るようになったらミッキーに会えるよ。」と、

度々言っていたのが心に引っかかっていたようで、

「ミッキーに会える…ミッキーに会える…ミッキーに会える…」

こんな呪文がしばらく聞こえてきた中、

「でたーーーー!!」

遂にこの時が来た。

急いで確認しに行くツマとワタシ。

自慢げなムスメの表情。

「コンニチワ」とトイレから顔を出すうんち。

「バンザーイッ!!!」

おしりを拭いてトイレから出てくるつむぎを、ツマとワタシは拍手で迎えた。

「やった!やった!ミッキーに会える!」

おしり丸出しで飛んで喜ぶその姿に、感動すらしてしまった。

『精神と時の部屋』から戻ると、

ひかりは安堵の表情を浮かべ眠っていた。

家族一丸となって、今日は大きな一歩を進んだ。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。