スポンサーリンク
子育て

ディズニー旅行3日目。『自問』

福岡に帰って来た。

2泊3日とは思えない程、長く濃い旅行となった。

昨夜深夜も、つむぎの喉の調子が良くなくて寝苦しそう。

咳き込み「きついよー」と言う度にツマもワタシも飛び起きて、水を飲ませたり、濡らしたタオルを干して部屋の湿度をあげたりして様子を見た。

熱もまた上がってる。

朝4時、「朝の空席がある便に変更して連れて帰ってあげよう」

ツマと相談しながらそうする事に決めた。

その時ムスメたちはぐっすり眠っていたので、寝れる時は寝せてあげて、自然に起きたタイミングで帰る事に。

6時半からやっている朝食のバイキングへは、ツマと交代で向かった。

先にツマが朝食を済ませ、次にワタシが。

食べている途中に「つむぎが起きた」という連絡に、昨日は美味しかったはずなのに今日は心配事を抱えながら1人で食べているせいか、特に味を感じなかった朝食を急いで食べて部屋に戻った。

部屋に戻るとつむぎは「ディズニーランド行きたい」と、喉を痛めて枯れた声で言った。

ひかりは連日の疲れはあっても。体調は悪くはない。

「つむぎがそうしたいなら」と、早めに帰るかどうかはつむぎの体調次第と言う事にし、まずは薬を飲ませて、もう一度休ませ、また自然と起きた時にディズニーランドへ向かう事に。

気持ちは元気があるのは伝わってくるが、それ以上に体の疲れが伝わるから、ディズニーランドでつむぎにもベビーカーを借りて乗せようと行ってみたが、ベビーカーは15kgまでが目安。

「それなら乗り降りのしやすさを考えると、車椅子の方が良さそう」となり、車椅子をレンタル。

この表情。

我がムスメながら、「持ってる子だなー」と思わされるのは、たまたまパーク内にいたキャラクターがパレードの準備の為揃って戻って行くところに遭遇し、車椅子に乗ってこの表情のムスメに対し、優しいキャラクターたちは向こうから近寄ってきてくれて、元気にしてあげようと接してくれた。

本来、会う為に長蛇の列を作っていたドナルドも、あっさり向こうから。

その他にも、会いたがっていたピグレットや、イーヨ、ティガーも「元気出して!」と言ってくれている様に近寄って来てくれた。

「すごいね」

ツマと小声で話した。

最終日だし、よく頑張ったし、食べたいものを聞いてみると「アイスが食べたい」と。

好きな食べ物を目の前にすると、さっきまでの表情が嘘かの様な輝き方。

親としてはこの顔が見れて一安心。

その後はまた2人揃ってぐっすりと眠ってしまった。

夜寝苦しくて、まとまって眠れていないからぐっすり眠ってくれてホッとした。

その間に、ツマとワタシはムスメたちをミッキーに会わせる為に約80分待ちの列へ。

列に並んでいる間、1時間くらい寝てくれて、キャストの方が「あと10分程でミッキーに会えます」と言ったタイミングでつむぎを起こそうとしたが、やはりイマイチ本調子じゃない為、乗り気ではない様子。

ベビーカーの方に目をやると、今回の旅行で大人しいキャラからノリノリキャラへとイメージが変わったひかりは、雰囲気を察したのかしっかりと目を開けていた。

「ひかり…」

ツマと笑った。

つむぎは抱っこか車椅子のまま会わせる事にして、順番がきたのでミッキーが待つ部屋へ。

やはり、つむぎはつむぎ。

さっきまで「かぶらないー」と小声で言いながら拒否していたミッキー帽子をワタシから取り上げ、サインペンと旅のしおりを握りしめミッキーに近づいた。

「サインください」

力弱くても、気持ちのはっきりとしたこの一言で、今年の旅のしおりもこれで本当の完成。

今年は諦めていたけど、会わせてあげれて良かった…。

その後は帰りの時間までまたゆっくりと楽しんだ。

今回の旅行は、行く前から、そして帰って来た今でさえ、『自問』続きの旅行だった。

元を言えば、旅行を決行した時点でこれで良かったのか。

連れて来たからには、病み上がりのムスメたちへの接し方はあっているのか。

食べさせる物は?飲み物は?休憩時間は?移動手段は?

まだまだ細かい事まで、「果たしてこれであっているのか?」この自問の連続だった。

答えのない問いだとは分かっていながらも、自分自身に問わずにはいられない旅行だった。

でもひとつ事実なのは、今、いつも通り我が家の寝室で、いつも通りムスメたちは眠っている事。

誰かが大問題になる事なく笑顔で帰ってこれた事。

そして、何よりムスメからの「ディズニー楽しかった」の一言。

ベストの答えは何なのかは分からないままだけど、この一言に答えは少なからずあったと思っている。

良く頑張って、良く楽しんでくれた。

またひとつ家族の絆が深まったこの数日間。

自問とその答えに迷っているワタシに、たくさんの事を経験させてもらった。

やっぱり、「ありがとう」しか思い浮かばない。

今日はゆっくり休んで、また写真を見ながら思い出話しで一緒に笑おう。

羽田空港に着くなり、「夜はもつ鍋だ」と万乗一致で地元の名店【赤門屋】さんへ。

お持ち帰りで注文をし、疲れた体に、ニラとニンニクたっぷりのプリップリなもつ鍋で元気回復。

「よーし、次は元気一杯で楽しむぞ!」と、早くも次のディズニー旅行に向けてツマとワタシは燃えている。

さあ、今夜は寝室で眠るムスメたちのところへ行こう。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。