スポンサーリンク
子育て

ワタシの心は理解を拒んだ。

先日、近くの小学校でつむぎをブランコに乗せていた時の話。

4つ横並びのブランコ。

右から3つは、見た感じ小学3年生くらいの男の子たちが使っていた為、

つむぎを一番左に座らせた。

ゆっくり背中を押しながら、楽しそうに会話をする隣の男の子たちの声が耳に入った。

「〇〇って〇〇の事好きらしいぜ〜。」

まあ、このくらいの会話なら分かる。

「〇〇って〇〇と付き合っとうらしいぜ〜。」

ちょっと分からない。

「でも〇〇って〇〇の事も好きやけん、あいつ不倫しすぎ〜。」

分からない。

と言うよりは、分かりたくない。

この男の子たちの、見た感じ小学3年生くらいが当たっていれば、

年齢は8〜9歳。

となると、となるとだ、

この3年間もあっという間だったというのに、

つむぎは後5年もすればこの会話の「〇〇」に当てはまるかもしれない。

頭で「約あと何年」を計算した瞬間、ワタシの心は理解を拒んだ。

小学生の会話なんてこんなもんだ。

分かってる。

それに、もし他の父親が同じような事に理解を拒んでいたら、

「子どもも成長するから。」

などと、分かったような事を言っていただろう。

でも、心に秘めた部分は正直だ。

「理解」という心の扉にしっかり鍵をかけ、

そっとつむぎをブランコから下ろした。


帰り道、いつもより少し強めに手を握った。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。