スポンサーリンク
子育て

父の成長宣言。

今朝、いつも通り自転車でつむぎを保育園へ送りに行くと、

同じクラスの子たちは既に園庭で外遊び中。

「外遊びか〜。」と思いながら教室へ連れて行き準備をさせる。

まだ、友だちと会話出来る程言葉も上手に出ないし、

何より、外では殻に閉じこもりがちな性格。

「皆んなで一緒にやりますよー!」

と言われれば、紛れて一生懸命参加するタイプだけど、

「好きに遊んでいいよー!」

と言われれば、何をしていいか分からなくなる。

『外遊び』は正にこれだ。

ワタシがいつも目で追う限りは、

自分の居場所が分からず、1人園庭を練り歩いている。

その姿を見届けて帰る度、とても切ない気持ちになる。

だが、今日はいつもと様子が違った。

準備を済ませ外へ連れて行くと、

男の子が2人「つむちゃん。つむちゃん。」と声をかけてくれた。

「ありがとう…。」

そう心がホッとしたのも束の間、

1人の男の子が両手でつむぎのほっぺたに手を添えた。

ドラマで観るようなイケメンの仕草。

近づく男の子の顔。

今にもつむぎの唇が奪われそうな雰囲気。

〈おいおい!! どうする!? 止めるか!? いや相手は3歳、止めたら大人気ないか!? どうする!? 〉

乱れるワタシの思考回路。

そして無表情で仁王立のムスメ。

結局、顔を近づけて「おはよう!」と言ってくれただけだった。

まだ頭と心が正常になりきれてないワタシは、

「あ、ありがとう…。」

と、さっきよりも弱気なお礼を言い、

つむぎに「また夜にね。」と手を振った。

つむぎはワタシとのバイバイを早々に済ませ、

その男の子2人に片手ずつ手をつないでもらって、園庭へ去って行った。

「ムスメに友だちがいて良かった。」という安堵感と共に、

いつもとは違った切なさを感じながら、帰り道自転車をこいだ。

「ひかりだ。家に帰ればひかりがいる。この切なさはひかりに埋めてもらおう。」

少し急ぎ目で家に帰り、ひかりと遊ぼうとすると、

何かを察したのか、

布団のシーツにくるまり、ひかりは我が身を守っていた。


そ、そうか。

ムスメたちの父親でいる以上、こんな切なさはこれからたくさんあるだろう。

この先、ワタシは耐えられるのだろうか。

成長しよう。

父として、男として。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。