スポンサーリンク
子育て

夏のイタズラ。

連日雨が続き、ようやくつかの間の晴れ。

「次晴れたら、公園で思い切り遊ぼう。」

以前そう約束していた為、

ここ数日は朝起きると、

「今日は雨降ってる?」と言うムスメの問いかけに、

カーテンを開けて天気を確認するのが日課になっていた。

「今日も雨やね。」とワタシが答え、

「そっか。雨か。」とムスメが肩を落とす。

このやり取りが続いていた後の、待望の晴れ。

公園に到着後、

ツマとひかりは日差しを避ける為、公園施設内の室内で待機。

つむぎとワタシは、

「せっかく夏やしセミを捕まえてみよう。」

そういう話しになり、車から虫取りアミを持ち出し公園散策。

結局、どこを探してもセミは木の上の方で鳴いていて、姿を見せる事は出来なかった。

それでも、汗をかきながら歩き回って、

その最中に見つけたトンボやバッタを見ては、つむぎは大喜びをしてくれた。

途中、セミの抜け殻を見つけたので、

「ここからセミは大人になって、空に飛んで行くとよ。」と説明するも、

「こわい、こわい。」と触ろうとしない。

ワタシの手のひらに乗せ、

「ほら、もう空っぽやけんこわくないよ。」

その様子を見て、つむぎの恐怖心もなくなった。

1度「こわくない」と認識した子どもの「好奇心」への移りは早く、

2分前までは距離をおいて見ていた抜け殻を、手に取りマジマジと観察していた。

ここまで来ると、後はやる事はひとつだった。

「ママに見せようか?」

ツマは虫が苦手だ。

「よく出来ました」と褒めてもらいたいのではなく、

ちょっとしたイタズラ。

セミの抜け殻をアミに入れ、

「ママ何て言うかな〜。」

そう言いながら笑うつむぎとワタシは、きっと同じ表情をしていた。

結果、「早く外に出して!」

ツマのこの一言で、つむぎとワタシの顔から笑顔は消えた。

公園を楽しんだ後は、ひかりが生まれてからは行けてなかった、母方の祖父母のお墓前りへ。

家族揃ってお墓の前で手を合わせていると、

目には見えなくても、ここまで続いてきた強い繋がりを感じる事ができた。

繋いできてもらった繋がりを、自分たちの番にまた繋ぎ、更にまた繋いでもらう。

この先ワタシたち家族に待つ未来が、また楽しみになった。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。