スポンサーリンク
子育て

ムスメのケーキ作り。

だらだらと過ごした慰安旅行から一夜明け、今日はまさかの「旅疲れ」という本末転倒な疲れを引きずっていた。

「今日は何する?今日も旅館行く?」

眩しいくらいに輝いた笑顔で聞いてくるつむぎの顔を、ワタシは直視出来なかった。

「外は雨やけんママと一緒にお菓子作りしようか?」

目を伏せていたワタシに、ツマの救いの声が聞こえた。

料理をするのが大好きなつむぎは大喜び。

お菓子の材料を買いに行くのと同時に、次はいよいよ来週末に近づいたディズニー旅行に向けて、着て行く洋服を買いに行く事に。

これまでは、『何か欲しけりゃ西松屋』を合言葉に買い物へ出ていたが、先日たまたま入ってみたバースデイの品揃えにも心惹かれ、今回は『ディズニー前はバースデイ』を合言葉に買い物へ出かけた。

到着するなり、つむぎは「まずはおもちゃ」とボソッと言いながら一目散におもちゃ売り場へ向かった。

仕方なしに後ろから付いて行くと、「1個だけ、どれにしようかな〜」と、買う前提で得意顔で腕を組んでいた。

「何も買わんよ」

ツマとワタシの両方に言われ、「ちぇっ」と心の声が聞こえてきそうな表情で、おもちゃ売り場は退散。

去年のディズニー旅行の時、特に意識していなかったけど、ツマもつむぎもワタシも着たいた服が「赤」だった。

するとキャストの方に「親子で赤で揃えて目立ってましたよ」と言われて、お世辞だとしても、ワタシの気持ちは一気に舞い上がっていたのを覚えていたので、色々と見て回るツマに、ワタシは「今年も赤」の一点張り。

ツマ「こっちの色も可愛くない?」

ワタシ「赤」

ツマ「こういった色って赤ちゃんっぽくて可愛いいよね。」

ワタシ「赤」

折れず、ぶれず、流されず、姉妹揃って赤で揃えた可愛い洋服を購入。

よし、ワタシも今度「赤」を買いに行こう。

その後、眠るひかりを先に連れて帰り、ツマとつむぎは改めて買い物へ。

しばらくするとひかりが目を覚ましたから、早めにふたりでゆっくりお風呂に入り、一緒にソファに座ってワタシはハイボールを飲みながら「おかあさんといっしょ」を見て過ごした。

時間が止まったかのような静かなひと時。

いつも元気いっぱいでこっちにも元気をくれるつむぎと対象的に、いつも静かに癒しの効果抜群のひかり。

〈どこに出かけるよりも、こういった時間が一番落ち着くなぁ〉

そんな事を思いながら黄昏ていたのもつかの間、「ただいまー!材料買って来たよー!」

元気のいいつむぎの声でひかりもワタシも背筋がピンと伸びた。

いよいよお菓子作り開始。

何を作るのかなと様子を眺めていると、「パパー、パパにケーキ作るからね」と、また眩しい笑顔のつむぎが、録音して何度も聞き直したくなるような言葉を言ってくれた。

ワタシは嬉しくなり、まだ何も分からないつむぎに、「お菓子はパパにだけ作ってね?」「分かった?」「ね?」「分かった?」と、半強制的にに「うん!」を言わせ、交渉成立。

夕飯後、出来上がったケーキを皆んなで食べた。

「とっても美味しよ。ありがとう。ありがとう。」

これでもかってくらいに、味わって食べた。

最近「4歳の誕生日は可愛い包丁が欲しい」と言ってくるくらい、料理が楽しいらしい。

どんどん女の子になってきた。

どうやら、こらからも楽しみだらけが待っているようだな。

ひかりはもう少し大きくなってからね。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。