スポンサーリンク
子育て

キレイスッキリ流そうか。

福岡。

週末は雨でスタート。

つむぎは毎週土曜日の知育教室『キッズアカデミー』を、

いつも楽しそうに通っている。

「嫌がったらやめよう」

ツマとそう決めて進めた習い事を、毎週楽しんで通ってくれているのは素直に嬉しい。

「今日も楽しんでおいで!」

そう声をかけ家を出た。

雨の為、マンションのエレベーター近くでツマとムスメを待たせ、さっと車を取りに行くワタシ。

「雨に濡れちゃう〜!」

なんてキャッキャ言いながら車に乗せ出発。

ツマとムスメを待機させ、自分だけ雨で濡れてる感じに、

〈パパ感ある〜!〉と心で叫んだ。

出発してすぐに、習い事のカバンを忘れているのに気付いた。

「カバンがない〜!」と泣くムスメ。

「あ、忘れてた!」と焦るツマ。

『大丈夫、まだ間に合う』とクールに言い放ち、家へ引き返すワタシ。

ハンドルを家の方向へグイッと曲げた時に再度、

〈パパ感ある〜!〉と心で叫んだ。

再びエレベーター近くに車を寄せ、ツマがカバンを取りに行くの待つ。

「まったく、仕方ねぇな…。」

まだパパ感に酔うワタシ。

カバンを持ち車に乗り込むツマは、

「間に合うかな?」と焦っている。

ここで再び、『大丈夫、まだ間に合う』とクールに決めてみせる。

〈行くぜ!〉

そう心の中で言い放ち、ハンドルを思い切り左に切ったその瞬間、

『ガリガリッ、ガリガリガリ〜ッ』

駐車場によくある鉄のポールで、車を思い切り削ってしまった。

削るというか、ヘコませるというか、とにかくやってしまった。

〈行くぜ!〉

の気持ちでアクセルを踏んだ分、車は見るも無残。

状況が分からずに固まる助手席のムスメ。

後ろの席で心配がるツマ。

ハンドルをプルプルと握り、さっきまでの心の威勢がなくなったワタシ。

頭の中が真っ白になった。

そこからしばらく記憶が飛んで、ムスメの教室終わり、

先生から聞かせてもらう今日1日の説明の中にムスメの「集中力」の話があった。

〈先生、ワタシもこの教室に通えば運転時の集中力は伸びますか?〉

3歳児に混ざって学びたくなるくらいの、”やってしまった感。”を引きずるワタシ。

「修理に出せば大丈夫、落ち込む時間がもったない。」

ツマはそう言ってくれる。

ありがとう。そうだ。とりあえず忘れよう。

そう言い聞かせて迎えた夜に、つむぎが今まで出来なかった「トイレでうんち」をした。

「出来なかった事が出来た」この喜びはすごい。

「出来ていた事が出来なかった」のワタシとは大違い。

ムスメの「出来た」が、しつこく引きずるワタシのモヤモヤを消してくれた。

トイレのうんちを見ながら、

「アイスクリームみたいね。でも、うんち食べたらおかしいね。」

と言いながらキレイスッキリうんちを流したムスメに、

ワタシの心のモヤモヤも一緒に流された気がした。

子どもの「出来た」で心が救われることを経験出来るのも、親の特権なのかも。

ムスメは前に進んだ。

“ワタシも気持ちを切り替えよう!”

そう心に決めた時に、ムスメはパンツにうんちを漏らした。

「え?」

まだ前に進んでなかった。

そして、「さっきは出来たでしょ!」

そう強く言えない自分もいた。

ムスメよ、一緒に成長していこう。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。