スポンサーリンク
子育て

3歳児に学ぶ行動力。

【一生懸命は人の心を動かす】

先日、ムスメは近所の公園にある、ビー玉を上からコロコロと転がすだけの遊具で遊んでいた。

良くある木製の遊具で、ビー玉が斜面をコロコロと転がって下まで降りる。

ただそれだけの遊具。

ワタシの中では、ただそれだけの遊具のはずだった。

「ただコロコロと転がすだけ」

そう思ってしまっていたワタシの心は、

大人になるにつれて少し貧しくなっていたのかもしれない。

ワタシはその遊びに対し、

『こうやってスタートさせたら、ここでゴール出来る』

こんな”当たり前”の”誰でも言える”アドバイスをムスメにしていた。

確実に失敗する場所からスタートさせようとしていたら、

「そこからはダメよ。」

そう声をかけてしまっていた。

そんな、心が貧しくなりかけていたワタシに、ハッと気付かせてくれたのは、

「これでいいの!」

ムスメのこの一言だった。

明らかにビー玉はゴールと違う所へ飛んで行ってしまっている。

と言うよりは、ムスメはゴールへ向かわせる気がない。

それでもムスメは満足そうに笑っている。

そうなると、そもそもワタシが思ってたゴールって、一体何だ?

型にはまらず、一生懸命に遊ぶムスメの姿には見習うものがあった。

何というか『人間味』があった。

確かに、誰かが決めたゴールが全員のゴールだったら何も面白くない。

失敗を失敗と思わずに、それを次の挑戦に繋げればいい。

ムスメの一生懸命に、ワタシは心動かされた。

そして今日家に帰ると、ムスメは虫取り網を買ってもらっていた。

『ミッキーマウス クラブハウス』を観て育ったムスメにとって、

虫取り網は、「ヒツジを捕まえる道具」と思っている。

可能性がゼロじゃない限り、「誰でも言える答え」を言うのはやめた。

確かにそうだ。

何でもやってみなけりゃ、分からない。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。