スポンサーリンク
子育て

ま、まさかのご本人!

午前中、ツマに用事があった為、皆んなでツマを見送った後、

2時間程ムスメとムスメとワタシの3人で過ごした。

つむぎが今のひかり(5ヶ月)くらいの頃、

そに時もツマに用事があり、初めての2人きりを経験したのを覚えている。

粉ミルクと哺乳瓶の使い方を、何度も何度も見直しながらいつ泣いてもいいように構えた。

「こい。さぁこい。泣いてみろ。パパにも出来る。」

寝てるつむぎに向かって、心の中で呟いた。

「あ〜、泣いたけどミルクもあげたし、ゲップも出したし、全然余裕だったけど。どうした?」

ツマにこう言い放ちたい。

この意気込みが嘘だったかのように、

ツマが帰宅するまでつむぎは寝続けた。

赤ちゃんが察する本能なのか、

「あ、おっぱいがないなら大丈夫なんで、そっとしといて下さい。」

寝顔がそう言っているように思えた。

そして出番なく、粉ミルクと哺乳瓶をしまった。

この経験と記憶が完全に一致する程、

今日はツマを見送った後、ひかりは寝た。とにかく寝た。

泣いたひかりを抱っこしながら、

「あ、つむぎごめん!今ひかり抱っこしてるから!ちょっと待って!ほらほら、ひかり大丈夫よ〜。」

なんて、騒がしく時間が過ぎる予定が、驚くほど穏やかだった。

起きて「おっぱい飲みたい!」と泣き叫んだところで、

パパが相手ならそれが叶うわけもない。

ひかりもそう察している寝顔だった。

ママ対して感じる、温もりなのか香りなのか愛情なのか、

言葉にはない赤ちゃんの本能ってスゴイ。と感心していると、何事もなくツマと合流。

そこからいつも通り遊んでいる最中、

ワタシのスマホに驚きの通知が届いた。

先日記事にした、つむぎが「ゆりやんレトリィバァさん」の格好をした写真を、ワタシのインスタグラムに投稿していたところ、

なんと、

ゆりやんレトリィバァさん」ご本人から『いいね!』が!

これには驚いた。

わざわざ目にしていただけて、更に「いいね!」までおしてもらえるとは…。

感激です。

よく分からないままあの格好をした上に、スマホを見ながら大はしゃぎのツマとワタシから、

「よく分かってなから絡まないでね」と身を守るように、

つむぎはこの時も寝続けた。

これもやっぱり、本能がそうさせたのか。

いろいろ起こったそんな日曜日。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。