スポンサーリンク
子育て

うなぎで元気。

自由気ままな3歳児の体力維持と、

それを追い回すツマとワタシの体力保存の為、

早めの土用丑の日でうなぎを食べに。

春は桜を、秋は紅葉、冬はクリスマスマーケットへと、

出来るだけ多く季節の行事を楽しむようにしている中の、

夏の行事のひとつがうなぎ。

前回はじいじとばあばも一緒に行ったが、

今回はじいじが仕事の為、ばあばだけ連れて出発。

日頃パソコンばかり見てるワタシにとって、

田んぼ道を通り抜け、自然あふれる風景を見ながら目的地へ向かう道中も、

最高なリフレッシュになった。

今年も同じお店に来たので、大人は決まって「蒲焼き定食」

1人3,000円ちょっと。

いい。夏と育児を乗り越えるため。

さて、つむぎはどうしよう。

「お子様にはミニうな丼もありますよ〜」の店員さんの声。

壁に貼られたメニュー表を見るツマとワタシ。

1,600円。

1,600円…。

これぞ夫婦のあうんの呼吸。

2人揃ってスーッとメニュー表の隅に目を進め、

「白ご飯をひとつお願いします。」

白ご飯、190円。

自分たちのうなぎを分け、見事お手製ミニうな丼の完成。

白ご飯に合えば何でもOKなつむぎの食べっぷりは凄く、

〈ミニうな丼を頼まなくて助かった〜〉と、

ツマとワタシの心の声。

「おいしい。おいしい。」の声が聞こえる度に、

ひかりは悔しそう。
(この子もやっぱりたくさん食べそうだ…)

運転があるから、ノンアルコールビールでうなぎを堪能。

立花荘さん。

今年もごちそうさまでした。

うなぎで体力付けたつむぎは、次は川遊びへ。

「着替えがないから濡れないようにねー!」

そう叫ぶワタシの言葉も虚しく、お決まりで転んでびしょ濡れに。

散々濡れた後に、

「パパ、水に座っていい?」と聞かれ、

「もう好きにしなさい。」そう答えるしか分からなかった。

帰りの車はグッスリ眠り、

結局、うなぎを食べて付けた体力を速攻で使い切ってしまったけど、

リフレッシュできた日曜日だった。

さあ、明日からもまた、家族元気に。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。