スポンサーリンク
子育て

笑顔を見たい党代表。

今年の梅雨は長く、今日も大雨。

外には行けないし、ワタシの仕事が溜まっていた事もあり、

家でゆっくり過ごす事に。

ムスメを交代でワタシのひざに乗せ、パソコンの画面を見せながら仕事を進める。

意味は全く分かってなくても、興味津々で覗き込む姿が愛らしい。

その間にツマは、家の買い物を済ませてくれて、

夕方戻る頃には、ワタシの仕事も一段落した。

ムスメたちはちょっと遅めの昼寝をしているし、

「録画してたドラマでも見ようか?」

なんて言いながら、ワタシは冷蔵庫から缶チューハイを取り出し、完全OFFモード。

早めに起きたひかりをひざに乗せ、ゆっくりドラマを見終わる頃にはつむぎも目を覚ます。

そのままワタシも布団に横になり、絵本を読み聞かせた。

久々の時間の流れ方だった。

つむぎが生まれてすぐは、外に連れ回すことはあまりなく、家でのんびり過ごしていたけど、

成長とともに、「どっか行きたい」と主張するようになり、

その主張に応える為に、

「とりあえず、まずは家から出てどこか行こう」

そう思うようにばかりなっていた。

観光施設や公園の遊具、

ショッピングモールに出かけるか、またはそこにあるゲームコーナーで遊ぶか、など、

ここしばらくは、「何かを通して」ムスメたちと遊んでいたが、

今日は、外遊びから帰宅して夜ご飯を食べ終えるまでのバタバタもなく、

じっくりムスメたちと向き合えた。

【今日はゆっくり家で過ごしましょう】

今後もこの時間は作っていこうと思う。

今何を求め、何が嫌で何が嬉しいか。

これを知る為にも、「外に準備されているもの」というフィルターを通さずに、

「親の目だけで見る」という時間をたまにでも作る事は、すごく貴重な事だと実感出来た。

しばらくすると、一時的に雨が少し弱まった。

今日は参議院選挙投票日。

またいつ大雨になるか分からないし、1人で行こうかと迷ったけど、

一応つむぎに「一緒行く?」と聞くと、「一緒に行く」と言うし、

「雨の中、傘をさして一緒に散歩してみるのも、経験と思い出になるだろう。」

そう思い、ツマにはひかりを見ててもらい、つむぎと選挙へ。

何も分からないつむぎは、普段した事のない雨の散歩が嬉しそう。

とは言えワタシも、興味を持つようにして選挙へは必ず行くけれど、

政治に関しては、ほぼ何も分からない。

ただひとつ、確実に分かっている事は、いつかこの子たちが主役になる時代が来る時の為に、

『今』、ワタシに出来る事を懸命にするという事。

自分の力で世を変える力などないワタシに、今懸命に出来る事は、子どもたちの事を心から愛する事。

そして希望を持つ未来へ向けて、選挙を通じ1票投じる事。

個人では出来る事が少なくても、同じ思いが増えれば大きな力になって、

これからを更に明るく変えてくれるはず。

そしてその大きな力が、これからの子どもたちの時代を笑顔にしてくれたら、

親としてはこれ以上の安心はないです。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。