スポンサーリンク
子育て

初恋。はつこい。ハツコイ。

先日に引き続き、ツマは今日もワタシの前で、

つむぎの好きな子の話しをした。

一瞬自分の耳を疑ったが、

確実にその話しをしている。

しかも、少し面白がっている雰囲気を漂わせながら、

逃げ場のない、車内という最悪な状況で、

ワタシの心は再び打ちのめされた。

ツマは言葉のパンチを止める気配もなく、次々につむぎへ質問をする。

この状況な故、ワタシの記憶は定かではなくなってしまったが、

ツマはこっちを見てニヤリと笑っていたと思う。

ここまでされる理由は何なのか、ワタシが何かしたと言うのか、

よくよく考えても見当がつかない。

ひとつだけ思い浮かんだと言えば、

「トイレは座ってしてほしい」と、最近怒られたくらいだ。

もしこれが理由だとしたら、この心の傷は割に合わない。

頭の整理がつかない間に、ツマはワタシにトドメを刺してきた。

「つむはパパと〇〇くんのどっちが好きと?」

ワタシは全ての感情を捨て、数秒後に発表されるその答えを、

「無」の状態で待った。

「つむは…」つむぎがそっと口を開いた。

逆にわたしはそっと目を閉じ、

『ムスメを持つ父親の試練』これを受け入れる覚悟を極めた。

「つむは…つむはパパと〇〇くんと遊びたいと。」

ワタシは閉じていた目をカッと見開き、

〈パパも一緒だ!〉と、心の中で喜んだ。

そのすぐ後に〈え、あ、パパじゃないわけね。〉と我に返ったが、

完全に振られてないなら、それでいい。

ムスメよ、いや、「ムスメ」という立場の皆さん、

父親は当然、ムスメと恋人になりたい訳ではないんです。

一生一方的な片思いでいいんです。

一生ファンのままでいたいだけなんです。

そして「ツマ」という立場の皆さん、

ムスメを持つ父親は、一生実らないという悲しい現実と向き合いながら、

ムスメへ対する繊細な恋心を持っています。

ぜひ、ぜひ、傷付けてあげないでやってください。

何故だろう、これを書きながら飲むハイボールは、

まだ月曜日って言うのにいつもより濃い味がする。

最後に、

意味が分かってないのは承知の上で、

「つむ、つむの初恋はパパ?」と、聞いてみたところ、

「うん!パパは白菜!」と、この子の中で意味が分かってる、

確かにそんな風にも聞こえそうな言葉で、

元気よく返された。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。