スポンサーリンク
子育て

恋敵。

今朝のワタシは、「パパの顔」というよりも、

もはや「父の顔」で、つむぎを保育園まで送った。

目的はただひとつ。

そう、先日聞いたつむぎの好きな人らしい「〇〇くん」に、

「父」として、少し強めの握手をしに行く事だ。

– 大人気ない –

そんな言葉は既にワタシの辞書から破り捨てている。

つむぎを自転車の後ろに乗せ、さあ出発。

「どうだ!ワタシは今、つむぎと2人乗りをしている!〇〇くんよ!キミにはこれが出来るか!」

相手のいない所でも、見えない戦いは始まっている。

保育園(戦場)に到着。

今日はいつものようにヘラヘラとした雰囲気は出さない。

何故なら、今日のワタシは「父の顔」。

教室に入り、動揺を見抜かれない程度に目をキョロキョロとさせ、相手の登場を待つ。

着替えやタオルの準備を済ませ、布団カバーをつける為に下を向いている時、

ひとりの男の子が近づいてきた。

〈来たか〉

ゆっくり顔を上げると、どうやらワタシにとっては「初めまして」の顔。

〈ほう、君か…〉

「おはよう!」

まずはワタシが余裕の笑顔で先制。

〈さあ、おいで。男同士の戦いを始めようじゃないか〉

相手の出方を予想し、大人の脳をフル回転させて、更に次の一手まで準備ている中、

彼は話し始めた。

「ぼくね、つむちゃんの事が好きなの。」

〈ほーう、そうきたか。その潔さ、誠実さは評価してやろう〇〇くん〉

ごまかしのない、真直ぐな人間は好きだ。

だが今日は、「父」としてご挨拶。

当初の目的通り、強めの握手をする為視線を下ろすと、

付いていた名札の名前が目に入った。

聞いていた「〇〇くん」とは全く名前が違う。

いつぶりだろうか。

久々に目を見開いて、「えっ?」と声を出してしまった。

〈だ、誰だ、誰なんだキミは…〉

「あ、あー、そう。そうか。よろしくね。」

ありがちなドラマのような展開に、戸惑いを隠せなかった。

嘘のような本当の、更なる『恋敵』の出現。

恐る恐るつむぎに目をやると、

何を考えているか分からないくらい、無表情で仁王立ちをしていた。

きっとずっといつだって、父心は複雑だ。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

POSTED COMMENT

  1. サノパパ より:

    >>1
    おけぃさん
    コメントありがとうございます!☺️
    恋敵…そうなですね…
    お互い実らぬ恋を、切なくも全力で楽しみましょう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。