スポンサーリンク
子育て

食欲こそがムスメのバロメーター。

『このまま朝までぐっすり眠れば、元通り元気に。』

昨夜はそう思って少し安心していた。

ところが、つむぎの体調不良はもうひと山あった。

深夜0時過ぎ、

「トイレー。」と、

またも寝ている途中で目を覚ました。

まさかと思い体を触ると、

熱い…。

熱を計ると39.7度。

何かしてあげたい気持ちは溢れる程あっても、

何かしてあげれる知識が何もないワタシに出来る事は、

また、近くの自動販売機に急いでアクエリアスを買いに行く事だけ。

自分が情けなくも感じながら、「ごめんね。ごめんね。」と心の中で何度も謝り、

アクエリアスを2本買って家に戻る。

家に着くなり、つむぎの様子を見てもらってたツマが、

「とりあえずまた座薬で熱を抑えるよにしたけん、すぐ救急病院に連れて行こう。」

そう言いながら病院に行く準備をしていた。

熱中症はその時にすぐ発症しなくても、

遅れて発熱などの症状が出て、最悪、突然死の可能性もあるらしい。

今まで、自分自身が病院にお世話になる事がそうなかった為、

『病院』という単語だけで緊張するのに、『救急』という単語まで付いてきた上に、

『突然死の可能性』という、耳を塞ぎたくなる様な単語まで飛び込んできて、

今からどっちが診察してもらうのか分からないくらい、ワタシは頭がクラクラしていた。

「ごめんね。ごめんね。」と、また声をかけながら、

体が熱くなったつむぎと、寝ていたところを起こされたひかりを抱え病院へ。

心休まらないまま、診察待ちに約1時間。

ようやく呼ばれた頃には、座薬も効き始めたようで体調も落ち着いてきていた。

「希望があれば点滴します」そう言われたが、

「昼間、家では”OS-1″が飲めていたから点滴は大丈夫。」というツマの判断で帰宅。

【OS-1に点滴と同じ成分がある】という事を、

「アクエリ、アクエリ」と、何も知らずに急いで自動販売機に向かっていた、

あの時の無知なワタシに教えてあげたい。

深夜2時過ぎに帰宅。

安心して眠れるように、寝る準備をしてそのまま皆んなで寝室へ。

翌朝、

つむぎはまた、一見いつも通りの元気なつむぎだった。

だが熱は37度。

まだ微熱。

そして昨日の様な事もあるし、安心もできない。

いや待てよ、微熱とは言え、体温計に示されているのは、機械が表示しただけのただの数字。

これをそのまま信用するのか?

ツマもワタシも知っている。

つむぎの体調を知るには、『食欲』が一番信用できる判断材料。

ツマが作ってくれた朝食で様子を伺う。

「モグモグ!!モグモグ!!」

茶碗を持ち、大きく開けた口に箸で掻き込むスタイルは、

正にいつものつむぎ。

キレイに完食し、

「全部食べたー!元気になったー!ケーキ食べれるー!」とはしゃぐつむぎに、

ツマもワタシも、もちろんひかりも、また少し安心出来た。

夜、要望通りケーキにローソクを立て、「元気おめでとうパーティー」をした。


(本人の希望で選んだ「1」のローソク)

ここから4、5回歌ってはローソクの火を消すを繰り返す。

「もうきつくない?」と、これ以上は聞く必要はなさそう。

これでやっと安心出来た。

きつかったのに良く頑張った。

やっぱり元気一杯が一番似合ってるよ。

ありがとう。ありがとう。

ごめんね。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。