スポンサーリンク
子育て

夏。暑。熱。

外は今日も37度の猛暑日。

昨夜は連休前日ともあって、

少し張り切って飲んだハイボールが、軽い頭痛に変わり目が覚める。

〈今日は休みやし、もう少し寝ようかな。〉

これが全く通用しないのが『親』の休日。

昼までダラダラと寝ていたワタシは、もう遠い過去の話し。

【休日こそ早起き】

いつからかこれが定着していった。

本音は寝たい。

そりゃたまには昼まで寝たい。

だが、休日を迎えた喜びで、ムスメのキラキラした眼差しが、夏の太陽よりも眩しい。

平日は、

「早く起きな保育園に間に合わんよー」と言って起こされるムスメが、

何故だか、休日は起きるのが早い。

「今日はどこ行く〜?」

ムスメのこのひと言で、ツマとワタシが〈どうする??〉と、

顔を見合わせるのが我が家の休日のスタート。

外に連れて遊ばせてあげたいけど、この暑さは厳しい。

ツマの提案で、太宰府天満宮へ行く事に。

ツマの話しを聞くと、太宰府市内を走る「まほろば号」と言う100円バスがあるらしい。

バスに乗る楽しみもあるし、何より乗ってしまえば涼しい。

「バスに乗るぞー!」と、意気込んで家を出た。

バス停近くに無料の駐車場があるらしく、ひとまずそこへ向かうが、

あまりの暑さに、バスを乗り降りするのは断念。

大人はこの暑さに耐える事が出来ても、ムスメたちの立ち位置の低さは、

アスファルトの反射熱が危険と判断。

車で直接太宰府天満宮へ向かい、近くのパーキングへ止める事に。

ムスメたちを車から降ろす為、ワタシは先に外へ出ると、

急な立ちくらみが。

〈長い二日酔いだな〉

そう思いながらムスメたちを車から降ろし、太宰府天満宮を散策。

とにかく暑い。

この暑さから逃げる様に、ちょうど去年のこの時期につむぎを連れて行った店に入った。

覚えてるかな?と思い、同じ味のかき氷を注文。

さあどうだ?

相変わらず美味しそうに食べるが、まだ核心に触れてないらしい。

さあどうだ?

どうやら思い出してくれたらしい。

太宰府天満宮と言えば「梅ヶ枝餅」

ひかりも頑張る。

ごめんね。今日も皆んなが食べてるのを見学するだけ。

「連休はたくさん遊ぼう!」

そう約束したのに、店を出た後も、立ちくらみとダルさ(二日酔いとは違う)が抜けず、

ツマ(看護師)の判断でそのまま家に帰る事に。

夕方4時。

帰り道、一応ビールを買って帰り、熱を計ると38度超え。

数字を見ると一気に弱るタイプのワタシ。

〈でも、二日酔いじゃなくて、風邪を引いただけか。〉

不思議と安心し、一応買ったビールを飲むワタシ。

そしてそのまま就寝。

2、3分ごとにお腹の上に乗って起こされたが、

その2、3分の睡眠が蓄積されて体調は良くなった気がする。

連休開始って言うのに、予定通りにいかない事ばかり。

今日もまた、すまん。

太宰府天満宮に飾られいた、大量の風鈴。

風が通る度に圧巻の音色だった。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。