スポンサーリンク
子育て

愛で笑顔を咲かせましょ。

『あら〜、ニコニコしてよく笑う子ね〜』

つむぎもひかりも共通して、よく言ってもらえる言葉。

ムッと真顔だった人も、途端に表情を崩しニコニコと笑い返してくれる、

子どもや赤ちゃんの「笑顔」が持つ、何とも不思議な力には、

幾度も感心させられてきた。

こうやってふたり揃ってよく笑うのは、

単純にそういう性格なんだろうとばかり思っていた。

そんなある日、

「これだけよく笑うのは、おうちでよく笑いかけてもらっている証拠ですね〜。」

そう言ってもらえた何気ないひと言が、ムスメたちへの接し方にすごく自信が持てた。

持って生まれた部分の性格は、もちろんあるんだろうけど、

それと同じくらい、いや、それ以上に、

親が注いだ「愛情」によって形成される性格の部分の方が、大部分を占めるのだと実感した。

黙っていてもお腹は空くし、喉も渇くし、眠たくもなる。

そしてこれらは、誰に教わらなくても自発的に訴える事が出来る感情。

言葉がまだない赤ちゃんでさえ、泣いて伝えようとする。

だが、受けてきた「愛情」や、向けられてきた「笑顔」に関しては、

自分自身にその経験がないと、誰かにそれを表現したいと思った時に、

すごく戸惑ってしまう事になるんじゃないかと、

子を育てる為の環境の大切さを改めて感じた。

「すぐに大きな環境の変化を与える事は出来なくても、

もっと、もっとムスメたちの笑顔を引き出すことは、今すぐに出来る。」

そう思い、張り切ったワタシは、

鏡の付いたオモチャを、寝転んでただ握っているだけのひかりに近づいた。

〈楽しませてやる!〉

この一心だった。

「ひかり、このオモチャはこやって遊ぶとよ。」

しばらくの間、ワタシはそのオモチャを手にし、

思いつく限りの遊び方を披露した。

「ここを持ったらパカッと開くね〜、ここを押したら音もなるね〜!」

楽しんでもらう為、笑顔を引き出す為、更にワタシはおどけてみせた。

ひかりからオモチャを借りて、どれくらい経っただろう。

ムスメの為に一生懸命な自分、それが気分良かった。

その「やってる自分」にほろ酔いなワタシは、

得意気に、オモチャの鏡越しにひかりを見た。

驚くほど真顔だった。

調子に乗りすぎた。

やってる自分に酔いすぎた。

忘れる事が出来そうにないムスメの真顔が、ワタシの心に刻まれた。

明日からはお盆休み。

この反省を糧に、たくさんの笑顔を引き出せる様、

調子に乗りすぎない程度に、一緒に楽しもう。

すまん。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。