スポンサーリンク
子育て

また連れて来てしまった救急病院。

まさか1週間以内に、ムスメ2人とも救急病院のお世話になるとは思いもしなかった。

早朝4時半、怒涛の1日が始まった。

「ひかりの体が熱くて、熱がある。おしっこの量も少ないし脱水気味かも。」

授乳中のツマのこの言葉で、ワタシも起きた。

前日はツマもワタシも深夜2時近くに寝た為、

約2、3時間の睡眠。ツマはもっと短い。

ボーっとする頭を叩き起こし、寝ているつむぎをそっと抱えて、

急いで病院へ向かう準備を。

この時間でも、体調を崩した子を大事に抱える親子もちらほら。

ここにいる親はみんな同じ気持ちだ。

〈全員元気になって欲しい。〉

ひかりの診察。

「熱が出てる以外は異常はなさそうなので、自宅で様子をみてもらう感じで大丈夫と思います」

医師からはそう言わた。

以前ひかりは生まれてすぐにも熱を出し、緊急入院をした事があった。

でも、その時のひかりはニコニコと微笑みかけてくれて、

まるで「大丈夫よ。心配いらないよ。」と、言っているようにも感じた。

親子には、家族には、感じ取ることの出来る、不思議なメッセージだった気がする。

その瞬間に、自然と不安感が抜けていったのを覚えている。

だが今回は違った。

医師から言われた言葉を聞いて、「良かったね」とひかりに目をやると、

「キツイ、キツイ」

そう訴えてる目をしていた。

後でツマに話そうと思い帰り支度を始めたが、それが間違っていた。

ひかりが一生懸命伝えようとした事を、おかしいと思われてもその場で医師に伝えるべきだった。

つむぎを連れて待合室をうろうろしていると、ツマが大声でワタシを呼んだ。

すぐに駆け寄ると、異常な嘔吐の量。

その嘔吐の音を聞いた医師もすぐに駆けつけて、そのまま点滴を。

嘔吐でツマもひかりも服がベタベタになったので、

とりあえずひかりにはワタシが着ていたTシャツを着させる。

点滴と血液検査の結果が出るまでに1時間はかかるという事で、

ツマの着替えを取り行くと同時に、つむぎはワタシの実家に預けに。

つむぎも早朝からよく頑張った。

血液検査の結果は、特に異常はなく、どこからかもらってきたウイルス性の発熱だろうと。

心底ホッとした。

ホッとしながらも、「やはりあの時ひかりはメッセージを送ってくれてたんだ」と反省した。

伝わらなかったから、自ら訴える様に大量の嘔吐をしたんだ。と。

偶然だろう。と思われるかもしれないが、ワタシにはそうだとしか思えなかった。

ひかりごめん。

7時半。

ようやく点滴も終わり、ひかりを連れて帰る事に。

手の甲に貼られた絆創膏に滲んだ血が、胸を強く締め付けた。

よく頑張った。

家に帰り少し寝た後、ツマとひかりはそのまま休ませ、

忘れちゃダメなのは「たくさん遊ぶ」と約束したつむぎ。

ここからはつむぎの番。

思い切り遊ぶモードにチェンジ。

実家に用意されたプールで遊ぶ。

「やっと来たか!」と聞こえてきそうな気配に、

「ごめん」とまた心の中で謝る。

楽しそうなつむぎを眺めながら、その笑顔をツマミに、ワタシもゆっくりと時間を過ごした。

つむぎは朝から起こった出来事がどんな状況なのか、

分かってるのかどうなのかはワタシには分からない。

ただ、ワガママ言わず、ツマやワタシの言う事を聞いてくれ、

笑顔で待っててくれるその様子に、強い信頼と感謝しかない。

楽しそうに笑うその笑顔に、こっちまで笑顔にさせてもらえる。

「本当にありがとう」

そう思いながら始まったスイカ割り。

ここまで楽しませてくれる両親にも感謝しながら、その様子をまた微笑みながら眺めた。

何度か頑張った後、スイカは見事割れた。

「お〜!すご〜い!」と拍手喝采の中、

スイカに飛びつくつむぎに、

ワタシの笑顔は苦笑いに変わった。

元気って証拠だと自分を納得させ、

ツマとひかりが待つ家へ帰った。

家族と歩む時間と経験がワタシの全て。

欠ける事なく、今夜も皆んなの寝顔を見れる事に、

改めて幸せを感じた。
ありがとう。ありがとう。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。