スポンサーリンク
子育て

有限実行。疲れるまで遊んだ。

信頼の基盤は『有限実行』

口約束を行動で守る。

今日も疲れるまで遊び尽くした。

朝起きると、おかあさんといっしょの60周年企画で、

ツマとワタシが観て育った頃の放送がテレビから流れていた。

「懐かしいね〜。」と、ツマとワタシ。

「へ〜。」という様子のムスメたち。

じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり世代です。

その後午前中は、ただいま一家ミニマリスト化計画中の為、家の大掃除。

とにかく物を捨ててシンプルな生活にする。

思い出は物ではなく、記憶やデータに収め、

スッキリさせた分、またそこに新たな思い出を作る。

とにかく時間を無駄にしない生活。

洋服も数着だけ残して後は全て捨てた。

これで、「今日は何着ようかな〜」の時間が省ける。

仕事用のパソコンの周りもスッキリさせ、余計な物へ目移りする時間を無くした。

こうした、少しずつ無駄を省いて積み重ねた時間を、家族の時間に使う。

少しずつ理想のカタチに近づいている気がする。

昼になり、午前中の大掃除を中断し、

兄が営む蕎麦屋へ。

つむぎは離乳食が始まってから、外食と言えばここの蕎麦屋で育った。

ひかりもそうするつもり。

蕎麦は「完全食」と呼ばれるくらいに体にいい食べ物。

更に、そば粉十割だから安心。

ワタシも十割蕎麦を食べ続けた結果、

よくあるチェーン店の小麦粉を混ぜた蕎麦が全く食べれなくなった。

慣れがごまかしていくけれど、そうならない様に食べ物もきちんと選べば、

人間の体は、体にいい物に反応する様になっている。

前菜は月替わりの薬膳料理。

その後はミニ天丼。衣薄めで余計な油もなくサクサク。

そして蕎麦。

今日はこの暑い夏にぴったりの新作「梅酢冷やか蕎麦」を注文。

さっぱりして、いくらでも食べれる。

そして締めはこれも月替わりデザートのケーキ。

兄は元パティシエなので、毎月本格的。

前々から「お蕎麦行くー!」と泣いて訴えていたつむぎはご満悦。

散々食べてもデザートは別腹。

まだ食べられないひかりに目をやると、

あともう少し大きくなたら、その時はお腹いっぱい食べなさい。

食後はいよいよ約束通り【疲れるまで遊びの時間】。

今日も猛暑の為、ツマとひかりは別行動で、つむぎとワタシは車を走らせまた市民プールに。

「これしたい!」という事には全て従い、

最終的には浮き輪に寝そべったまま、流れるプールで流れるつむぎを後ろから追いかけていた。

30分程会話もなく追いかけ、そっと顔を覗くと気持ち良さそうに眠っていた。

そのままプールから連れ出し、着替えを済ませ帰ろうかと思うと、

アイス売り場の前では何故だかきちんと目覚める。

「今日は我慢しなさい」と、ビシっと言ってみたいとこだけど、

ムスメと2人きりの時の父親の意思なんて、まぁこんなもんだ。

ワタシと2人きりで遊んだ後のつむぎは、いつも「パパに甘えモード」に入る。

ワタシはもちろんウェルカムなモードだが、

近寄るツマには厳しい。

「アンパンチ!アンパンチ!」

そう言いながら撃退させる。

ただ、まともにアンパンマンを観た事がないつむぎは、

本来「ア〜ンパンチ!」と溜めて繰り出すパンチを、

「アンパンチ!アンパンチ!」と、高速で言いながらパンチする。

そして家に帰り、寝る時間。

寝室でワタシがつむぎを寝かせ、ツマがひかりを寝かせる。

もう寝そうなつむぎから離れ、リビングで座っていると、

「パパ〜、目が痛い」と起きてきた。

綺麗な目をしてどこも痛そうではない。

「たくさん寝たら良くなるけん、ゆっくり寝ておいで。」

そう言うと、

「お布団かけて〜」と甘えてくる。

次は、「口が痛い」「熱があるかも」「足が痛い」と繰り返し起きて来ては、

布団をかけに一緒に寝室へ向かう。の繰り返し。

終いには「鼻が痛い」と。

これには笑ってしまい、「分かった。一応見てみるけん、パパにゴロンしてごらん。」と、

膝に寝せると、暑さで少し鼻血が出ていた。

鼻にティッシュを詰め、何故か嬉しそうに笑うつむぎ。

その時、ちょうどひかりを寝かしつけ終えたツマが寝室から出てきた。

つむぎは凄く嬉しそう。

「パパとママと一緒にお布団行く!」と言ってツマとワタシの手を握った。

布団に横になり、突然、

「好き!」と、笑顔で。

きっと、痛い痛いと起きて来たのは、ひかりが寝付くのを待っていたかの様だった。

ひかりが生まれて、「お姉ちゃん」になったとは言え、まだ3歳。

両親を独り占めして、甘えたくなって当然。

日頃、それを幼ながらに自分の中で抑えて、ひかりを可愛がってくてれるが、

それでも抑えきれなかた「甘えたい!」が溢れていた。

ツマとワタシは、ギュッとつむぎを抱きしめた。

本当につむぎには「ありがとう」しかない。

そしてツマが、

「寝る前に、新しく買った絵本を1冊読んであげる」と絵本を取り出した。

ワタシは背を向けてそれを聞いていると、だんだんと2人揃って言葉が無くなっていった。

気になって振り返ると、悲しい内容の絵本だったらしく、

見事2人で涙を流していた。

つむぎの優しさに、またツマとワタシはまたギュッと抱きしめた。

甘えたかった欲が満たされたのか、

「明日もまたたくさん遊ぼう」と約束をし、

その後は布団でぐっすり眠りについた。

どうしても、まだ小さいひかりに目がいくけど、

つむぎにもこうやって、パパとママを独り占めさせる時間は必要だな。と、

またムスメから学んだ。

ツマとワタシをどんどん親に育ててくれて、

「本当にありがとう。」

明日もまた、約束通りだ。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

POSTED COMMENT

  1. サノパパ より:

    >>1
    おけぃさん
    本当です!!きちんと愛情は伝えれば、その愛情はきちんと返ってくる事を実感しています☆それを実感できる事が、幸せな証拠なんでしょうね!!( ^ ^ )

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。