スポンサーリンク
子育て

こんな父でいいのだろうか。

なんと言うか、子どもたちに対してビシッと出来ていない。

と言うより、情けないくらいにワタシのハートがもろ過ぎる。

ひかりやきよいちはまだ幼過ぎて、言っても理解してもらえないからいいが、つむぎはもうすぐ5歳になる。

間違っている事を正す時には心を鬼にしてでもビシっと対応すべきだ。

そして、それはきっと子どもたちの将来の為になるはずだと信じている。

そう信じているなら自信を持って向き合えばいいのに、それがなかなか出来ない。

つむぎに対して強く言う事はもちろんある。

叱って涙を流させる事ももちろんある。

 

だが毎回、言われたつむぎ以上にワタシの方がヘコんでいる。

 

しかも

 

結構長時間。

今朝もつむぎに強く言う場面があった。

集中して朝食を食べなかったのが理由。

あっちを気にしたり、こっちを気にしたり、おしゃべりに夢中になったり。

『ご飯とみそ汁と卵焼き』

たったこれだけを食べるのに1時間もかかった。

体調不良ならまだしも、体調絶好調でこの遅さ。

「早く食べなさい」

何度もこう言われ続けてこの遅さ。

何も言わずに好き勝手やらせてたら、おそらくもっと時間がかかってただろう。

どう考えたってこの場合、つむぎはワタシからビシッと言われても仕方がない。

だってそうだろ。

ワタシがホテルのビュッフェ級に朝食を準備していたなら分かるが、普通の朝食に1時間。

これは言われて仕方がないだろ。

 

なのになんでだ。

 

なんで今ワタシはここまで心がモヤモヤしているんだ。

スポンサーリンク

保育園に着くと、つむぎは笑顔で手を降った後カッコよく親指を立てて見せて教室へ向かって行った。

きっと朝の事なんてもう忘れているはず。

ケロッとすぐ忘れて、いつも通りの笑顔になれるのがつむぎの良いところでもある。

結果、つむぎに強く言う事がある日は、いつもワタシひとりでモヤモヤした気持ちを抱きながらヘコんでいる。

この気持ちを癒す方法は、またつむぎと楽しく遊ぶ他ない。

そう言えば保育園に向かう途中

『今日の夜、紅の豚が観たいな…』

そう小声で言っていた。

 

よし、迎えに行った帰りレンタルしに行こう。

夜はパソコンから離れて一緒に楽しく過ごそう。

 

きっとワタシの対応は『アメとムチ』にすらなっていない。

猫じゃらしでササっと撫でたあと、なんでも好きなお菓子を選ばせているレベル。

 

ビシッとしなきゃなあ…。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

 

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています

▶︎  パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

■noteでもパパ目線で綴っています。是非ご覧ください。

▶︎  コトバの溜まり場。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。