スポンサーリンク
子育て

終わってしまった。

結果、大成功としか言いようがなかった『サプライズクリスマス旅行』

楽しくて、幸せで…

 

『終わってしまった』

 

思い出を振り返っている今、これが率直の感想。

 

出発直前にツマが

『ネタバラシしちゃう?』

そう言ってワクワクしていた。

子どもたちが喜ぶ顔を見たいのはお互いさま。

その言葉を聞いて、ワタシも早く言って喜ばせたい気持ちに負けそうにもなったが、やはり今回は到着までサプライズにしておきたくて夫婦揃って我慢、我慢。

 

高速道路を使うと感づかれてしまうから下道で出発。

出発して1時間くらいたった頃。

予定よりも出発が遅くなってしまったのと、雪を心配して出発前に状況確認の連絡を入れた時の

『夕方からはかなり冷えるから、日中であれば道路は大丈夫です』

旅館の若女将さんから言われた、この言葉を思い出して少しずつ焦り始めた。

このまま下道で行けば17時頃になってしまう…。

どうにか途中から高速道路に乗らなければ…。

 

と、その時!

 

目的も分からずに車に乗せられていたつむぎが、飽き飽きしてきて口を開いた。

 

『早くおうちに帰ろうよ』

 

その言葉にツマが流石のファインプレー!

 

『早く帰りたいなら高速道路を使って帰ろうか?』

 

ナイス!ツマ!ナイス!

これで自然に高速道路に着地!

このまま何も疑いもしない子どもたちを乗せて、約2時間走って大分県まで。

道中、『旅館』や『温泉』、『この前来た時は…』など、ちょいちょい口を滑らしては焦った表情で顔を見合わせるツマとワタシ。

それでも気付かれることなく、いよいよ旅館付近まで!

そこまで到着した頃に、つむぎがようやく気付き始めた。

 

『あれ…、あれ…、ここ…、旅館だ…』

 

そこですかさず『旅のしおり』の贈呈!

……

………

『やったーーーーーっ!!!』

 

言葉にならない笑顔で喜んでくれた。

サプライズ、大成功。

スポンサーリンク

この時点でワタシは胸がいっぱい。

ずっと計画していたサプライズ旅行の成功が嬉しくて仕方がなかった。

到着後、早速缶ビールを飲みながら、この日はスマホを部屋のすみ投げ捨てた。

 

インターネットから離れ、SNSからも離れ、家族だけとしっかり楽しむ時間の開始。

まずは皆んなで温泉に入って、しっかり温まった頃に夜ご飯。

大人用。

子供用。

旅館では、本人の希望でご飯をよそうのはつむぎの仕事。

食べるのはひかりの仕事。

そしてきよいちはそれを眺める。

夕飯後、つむぎ希望でふたりで夜の散歩へ出た。

外の気温はマイナス4度。

つむぎの目的は、溶けずに残っていた念願の雪で遊ぶこと。

雪だるまを作ることを夢見ていたつむぎ。

パラパラと降る雪はよく見ることはあっても、積もった雪に触れることはなかなか経験できない。

そんな『特別』を経験させてあげられたのも、親としてはすごく嬉しかった。

体が冷えてしまう前に部屋に戻り、ここで秘密兵器登場。

先日、じいじばあばからプレゼントしてもらった『となりのトトロ名台詞かるた』

今年に入って、おそらく100回近くは観ているんではないかと思う『となりのトトロ』

セリフと場面が頭の中でしっかりとリンクしているムスメたちには、これが結構盛り上がった。

ひかりは途中からフラフラっとどこかへ行ってしまったから、つむぎとふたりで最後まで。

『よく覚えとうね!』

笑顔でかるたを取り続けるつむぎに、ワタシは驚きながら楽しんだ。

 

ふと、窓際に干したバスタオルに目をやると…

バスタオルの間から顔を出して食べ物を探すひかりの姿が。

しばらくすると

夕飯の残りのご飯で作ってもらった『おにぎり』を発見した様子。

そして

食べてた。

 

こうして、寝るのが惜しいくらい楽しかった夜が終わってしまった。

きよいちも、寝転んだまま終始笑顔を見せてくれた。

翌朝、7時半から朝食。

大人用。

子供用。

朝から本当に美味しいご飯に、胃と心が満たされました。

 

毎回この旅館に泊まった時の恒例が、つむぎと朝食後の露天風呂。

外はマイナス6度。

『早くお外のお風呂行こうよ〜』

そい言って目を輝かせるつむぎに、ワタシも意を決して露天風呂へ。

写真では分かりづらいけど、後ろに見える山には真っ白な雪が残っている。

前回行った時には、真っ赤な紅葉を眺めながら湯に浸かった。

そして今回は、真っ白な雪を眺めながら湯に。

マイナス6度という数字に、一瞬行くことを諦めかけたが、行って良かった。

つむぎ、誘ってくれてありがとう。

その後は、交代してツマが温泉へ。

 

こうしてチェックアウトの時間が訪れて、今回の『サプライズクリスマス旅行』は大成功で終了。

旅館をあとにする時、昨夜の散歩の時につむぎと作った小さな小さな雪だるまが我々を見送ってくれた。

無事に家族全員笑顔で家に戻り、それぞれの思い出に浸りながら

『終わっちゃったね』

そう言葉が漏れた。

 

本当に楽しかった。

本当に幸せだった。

 

決して忘れられない思い出が

またひとつ増えた。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています。

■noteでもパパ目線の気付きを綴っています。是非ご覧ください。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

POSTED COMMENT

  1. おけい より:

    ホントに、幸せな家族✩.*˚きっと、自分の子ども達にも同じ事してあげるんだろうなぁ
    私ももっと、余裕のある子育てしなきゃいけないなぁ……

    • サノパパ より:

      おけいさん、ありがとうございます!!
      うちは余裕がある子育てをできているかは分かりませんが、とにかく楽しむようにはしています!(^ ^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。