スポンサーリンク
子育て

遊びの順番。

今日も福岡は35度を超える猛暑日。

午前中は外へ自転車の練習に出た。

つむぎは自転車に、ひかりはミニーちゃんの飛行機の乗り物に乗り、ワタシがそれを後ろから押して歩いた。

少しずつ自転車に乗るのが上手になってるつむぎは、もっと自分のペースで動きたいだろうが、こういった場合はどうしてもひかりのペースに合わせるカタチになる。

ひかりが止まりたければ止まり、寄り道したければ立ち寄る。

つむぎは、ただそれに合わせる。

以前も書いたが、『つむぎがやりたい事はひかりにはまだ難しくて、ひかりが楽しい事はつむぎには物足りない』と言った【差】が出てきている。

4歳と1歳。

その【差】が出てきて当たり前なんだが、何だか考えさせられるものがあった。

昼はばあばが我が家に来て一緒に昼食を。(徒歩10分程の距離)

食後、昼寝から目覚めたつむぎはそのまま1人でワタシの実家に泊まりに行ってしまった。

『昼からも自転車に乗ろう!』

そう言ってたんだけど、きっと自分のペースで思い切り遊びたくなったんだろう。

ワタシは、ひかりを近所の公園に連れて行き2人で遊ぶ事にした。

今日はひかりがやりたい様に、ひかりのペースでしっかりと遊んだ。

公園はちょうど日陰になっていて、日差しが直射する事もなくとても遊びやすかった。

しかも貸し切り状態。

それでも熱中症には注意しながら、こまめな水分補給は忘れずに。

ひかりが『もう帰る!』とアピールするまではとことん遊ぶと決めていたから、好きな様にやりたい様に。

滅多にない、ひかりと2人で公園遊び。

ニコニコと笑って楽しむ姿にとても癒された。

小さな公園だが、今まではつむぎとひかりと3人で遊んでいた場所。

『きっともう、この公園でつむぎが満足する事はなくなってしまっただろう』

スポンサーリンク

ちょっと前までは、ここの公園に行くって言うだけで喜んで付いて来ていたのに、今はそうやって喜んでくれるのはひかりだけ。

つむぎは成長と共にもっと面白い遊びに興味を持った。

今までつむぎが『楽しい』と思っていた遊びが、今度はひかりの順番になった。

ごく普通で自然な事。

それで言うと、きよいちがもう少し大きくなった頃は、ひかりはこの公園で一緒に遊んでくれるだろうか。

その頃にはひかりもきよいちに遊びの順番をバトンタッチして、次はワタシときよいちの2人だけで遊んでいるんだろうか。

そして、いよいよきよいちが別の遊びに興味を持ちだした時は…

そんな事を考えていると、いつか思い出に変わるこの小さな公園が少し寂しく思えた。

それが何年後に訪れるのかは想像もつかない。

だが必ずその日は来る。

その時、思い出に浸る様に公園に足を運んで

『ほら、遊ぶよ−!おいでー!』

そう声を出してみても

きっと集まってくるのは蚊くらいになってるんだろうな。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。