スポンサーリンク
子育て

未熟パパの反省と成長は続く。

「まだおうち帰らない!」

そう言って泣いて止まないつむぎを何とか説得し、無事に福岡の我が家へ帰って来た。

「こうやって泣くほど帰りたくないのは、よっぽど楽しんだ証拠だ」

ツマとそう話しながら、今回のリベンジ旅行の成功を喜んだ。

ただ、全てが完璧だったと言えず反省すべき所が、ワタシの父親としての役割と配慮。

『家族みんな一緒に楽しみたい!』

この思いが先行し過ぎた。

これだけ聞けば何も問題なさそうに聞こえるけど、『家族みんな一緒』という事は、優先して一番下のひかりに合わせての行動になる。

ワタシはそれでいいと思い込んで遊んでしまっていた。

でも、つむぎはもう4歳。

いつまでもそのペースでは満足しない。

スポンサーリンク

きっともっと遊びまわりたい気持ちで一杯だっただろう。

そして、父親のワタシがその気持ちを察してカバーすべきだった。

ベビーカーを嫌がったひかりを常に抱っこしていたから、片手で何とかつむぎの手を握って歩き回ったが、つむぎが求めていたのはそうじゃなかったんだろうと思う。

いつも公園で遊ぶ時みたいに、パパと思い切り遊びまわりたかったんだろう。

それに気づいたのは、情けない事に最後に乗った「it’s a small world」の船の上。

「パパと一緒に乗る!」

ツマにそう言い切ったつむぎに対し、「そうか!それなら一緒に乗ろう!」とワタシも返事して、つむぎの隣に乗船。

でも、ワタシは膝の上にひかりを大事に抱きかかえていた。

最後くらい、いつも通りパパを独り占めして思い切り遊びたかったはずなのに、それに気付けなかったワタシ。

「やっぱりママと乗る」

そう言って、つむぎはツマの隣に移動してしまった。

この瞬間にワタシは深く反省した。

『家族みんな一緒』で頭の中が一杯になり過ぎて、一番近くの大切な事を見落としてしまっていた。

ごめん。

また1つ、ムスメから「親」としてのあり方を学んだ。

帰りの飛行機の中、窓際に座ったつむぎに、『立派なお姉ちゃんだね』と言ってくれているかの様に、綺麗な富士山が姿を見せてくれた。

福岡に着き、旅の疲れは決まってもつ鍋を食べて癒す。

いつも美味しい『赤門屋』へ。

もつ鍋、馬刺し、ビールでエネルギーチャージ。

その後は家に帰り、ムスメたちが眠ってしまうまで思い出を話し合った。

ひかりが先に眠った後、ツマとワタシでつむぎを挟んで何度も何度も「ありがとう。愛してる」を、繰り返し伝えた。

つむぎは何も言わなかったが、大粒の涙を流しながらそのまま眠りについた。

言葉にはしなかったけど、その涙で十分伝わった。

ワタシももっと成長しよう。

そして、もっともっとムスメたちを笑顔にしよう。

『今』のムスメたちの笑顔を見れるのは、いつだって『今』しかないんだ。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。