スポンサーリンク
子育て

留守番。

週末は夫婦で博多座にどうしても観に行きたい「めんたいぴりり」という舞台があり、

ひかりはツマの母に、つむぎはワタシの姉に見てもらい、それぞれムスメは留守番してもらうことに。

舞台の方はもう「最高!」の一言。

舞台が終了し急いでそれぞれ迎えに行くと、

「手がかからなくていい子にしてたよ」と言ってもらえて一安心。

ツマもワタシも、今後の行動範囲が少し広がったと喜んでいたその夜、

「今日は何して遊んでたの?」とつむぎと楽しく会話をしていた中ワタシが、

「パパとママはここに行っていたよ」と写真を見せると楽しそうな表情が一変。

見る見る涙がポロポロと。

おそらく姉妹別々での留守番だったから、自分1人だけが仲間はずれだったと思ってしまい急に悲しくなった様子。

すっかり楽しんでいたものとばかり思い込んでいたから、ワタシの配慮も足りなかった。

ここは反省。

一緒に遊べる週末をずっと楽しみにしていたのを知っていたのに。

「散歩に行こう」

まだ寝たがらないムスメを外に連れ出し、いつもより少し強めに手を握って昼間の時間を埋めるように2人で歩いた。

また休みの日たくさん遊ぼう。

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。