スポンサーリンク
子育て

体調不良の時だけの特別。

記録的猛暑と呼ばれた去年の夏に比べ、

「まだ8月だったか。」と勘違いしてしまうような、早々と涼しい今年の夏。

梅雨が終わり、短い夏を挟んで、また梅雨が訪れた様な天気。

『記録的』や『異常気象』という言葉をここ数年よく耳にするが、

この言葉を耳にする度、ムスメたちや、また次の世代の子たちの頃を思い心配になる。

そんな、九州地方は記録的な大雨の中、

晴れてはいないが、今日は久しぶりに雨が止んだ。

窓から外を見て、

「保育園自転車で行く!」と、張り切るつむぎ。

ここ数日、家か車か保育園の教室の中でしか過ごしていなかったから、

早く外に出て行きたかったんだろう。

ご飯と着替えを済ませ、早速ヘルメットを装着。

そしてひかりへ、しばしの別れの挨拶を。

特に言葉を交わす訳でもないこの挨拶は、ちょっと長い。

その後、元気に登園。

9月に運動会があるから、最近はどことなく嬉しそう。

安心してワタシも仕事へ向かった。

夕方、そろそろ保育園が終わる頃かな〜と思っていたところ、ツマからLINEが。

「大量に下痢したらしいので病院にきました!」

確かにここ数日、たまに「お腹痛い」と言っていた。

一緒に病院へ付いて行ければ少しは安心出来るけど、

状況が分からないと非常にソワソワする。

結果、ウイルス性の下痢と言う事で、

ウイルスが体内から出て行けば回復するらしいが、

我が子の事となると、原因が何であろうが、

「え?病院?大丈夫?治る?」と、ソワソワしてしまうもんだ。

一緒に送られてきた写真のつむぎも元気そうで一安心。

親の心配をよそに、つむぎは「OS-1が飲める!」と喜んでいたらしい。

確かに、ワタシが小さい頃も『体調不良の時だけの特別』って言うものはあった。

ワタシの場合は、体調を崩すと母がリンゴをすりおろしてくれた。

普段は食べる事がないこのすりおろされたリンゴが、小さな頃のワタシには『特別』だった。

つむぎにとっての『特別』は先日風邪を引いた時に味をしめた「OS-1」なんだろう。

「お薬ジュース」と教えていた為、仕事帰りにOS-1を買って帰ると、

「お帰りなさい」よりも先に、

「お薬ジュースは?」と。

コップに注がれた『特別』を、味わう事などなく一気に飲み干した。

元気そうで良かった。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。