スポンサーリンク
子育て

癒しの旅。『古都秋月雛めぐり』へ。

今週末も目と心を癒しに、空気が綺麗な方、山がある方、川が流れる方に車を走らせた。

ムスメたちにとっても、自然に触れる事や昔ながらの文化に触れる事はいい環境。

ひな祭りが近い事もあり、今日は『古都秋月雛めぐり』へ行ってきた。

車を止め、目的地へ向かう途中にとある場所へムスメたちを連れて行った。

『秋月コミュニティセンター』とう、公民館。

なぜムスメたちをここに連れて来たかったと言うと、この公民館はツマとワタシが結婚披露宴を行った場所。

ここから始まった。

公民館で披露宴なんて、なかなか聞く話しではないと思うが、ここでしたかった理由があった。

まず、結婚式は新婚旅行を兼ねてハワイで挙げた。

このハワイにも理由があって、ツマの両親が新婚旅行で行った場所がハワイ。

「すごく楽しかった」と話していたとツマから聞いていたから、これをきっかけにもう一度連れて行ってあげたかった。

これが目的。

その中でも、挙式中に『バウリニューアル』というものがあって、これは『夫婦が再び愛を誓い合う』という、なんともロマンチックな演出。

ツマとワタシの両親が、それぞれ再び「誓います」と言う感じの、見てる側は少し照れくさい部分もあったが、喜んでもらえたから本当に良かった。

そして、それから約半年後にこの公民館で披露宴を行った。

スポンサーリンク

全く同じ場所ではないが、ワタシの両親が披露宴を行ったのがこの近くの公民館。

次は、ワタシの両親が披露宴を行った場所でワタシたちもしたかった。

披露宴を通して、当時を懐かしく思ってもらえればと思ったのが目的。

ただ、同じ場所は今、披露宴などでの貸し出しはしておらず無理だったが、この公民館はそれを受け入れてくれた。

公民館での披露宴は、思っていた何倍も労力が凄かった。

灰皿ひとつすら自分たちで準備するところからスタート。

当然、食べ物から飲み物、音楽を流す機材から、来てくれる人のバスの手配まで。

色んな方の協力もあって、本当に本当に温かい披露宴となった。

全員を見送った後、最後のゴミ掃除まで終えた時は、もう体力は残ってない状態。

どの結婚式場を覗いても存在しない空間だった。

そんな特別な場所。

と、熱く語ったところでムスメたちには分かるはずもなく、目的地直前の焼き餅に目は釘付け。

「ヨモギ」を注文。

何でもぺろりと食べるつむぎを見て、ひかりはそっと背を向けた。

天気も良く、大好きな秋月を散策。

約3年前に出来たらしい博物館に初潜入。

今の時期は博物館内もお雛様一色。

ひかりも目を輝かせて楽しんでいた。

博物館を出て、つぼみを膨らませた桜の木の下を歩き進むと、目的地到着。

圧巻の雛人形の数。

なんか思っていたリアクションと違ったけど、こういった文化を見せれてあげて良かった。

さっき餅をぺろっと食べたはずなのに、つむぎが「何か食べたい」と連呼するので退散。

食べ物を買う為に向かった場所は『駄菓子屋さん』

この方言全開の看板も最高。

つくづく、こういう環境が好きだ。

こういう環境が好きな両親から生まれたムスメたちも、きっと楽しかったと思う。

30円の水飴をひとつだけ買って、お店を後にした。

その後はツマのご親戚と一緒に夕飯を食べて帰宅。

たまたま親同士の故郷が同じだったツマとワタシ。

原点に戻れる場所があるのは、とてもありがたく、毎度気分がすっきり出来る。

ブログを1年続けて感じた事。今日でブログを書き始めてから1年が経った。 書き始めの頃は不定期で書いていたが、去年の6月からは毎日続けている。 誰かに強制...
ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。