スポンサーリンク
子育て

怒りのおかわり。

「つむもママのお布団に入ってもいい?」

今日のつむぎは朝から『ママスイッチ』が入っている。

軽い気持ちで、「パパも一緒に入ろう〜」と近づいたところ、

「いやーーっ!!」

「あっち行ってーーっ!!」

「パパともうバイバイする!!」

「パパともう遊ばない!!」

「今日はママと一緒に保育園行く!!」

ちょっと冷やかすくらいだったのに、びっくりするほどの言葉の刃が飛んできた。

「ごめんごめん」

そう言いながらワタシはその場を離れたが、色々言われた中でひとつ気になった言葉があった。

『パパ可愛くない!!』

これだ。

自分の事は自分がよく分かっている。

確かにワタシは可愛くはない。

むしろ、ジャンルで言うと「可愛い」の逆側に属しているだろう。

更に言うと、可愛いと思われたいと思った事もない。

なのに不思議なもんだ。

迷いのない目で、真っ直ぐに、『可愛くない!!』って言われると、少し心がチクンとするんだな。

つむぎはワタシの心に少し傷跡を残したまま、ツマと保育園に向かった。

「バタン」と閉まる玄関を見届けた後、ワタシは傷ついた心を癒す為にひかりを静かに抱きしめた。

傷口が徐々に塞がっていくのが分かる。

ツマはつむぎを送った後に買い物へ行ってくれているので、心の治療後はワタシが朝食の準備。

スポンサーリンク

「納豆チャーハン」 を作った。

野菜や肉を細かく切って味付けも薄めにしとけば、ひかりも同じものを食べられるようになったから、ご飯の準備が前よりも楽になった。

準備が少し楽になったのはいいけど、今度は食べさせ方に新たな悩みが出てきた。

それは、『同じタイミングで食べ終わっていないと怒る』

そして、『食べ足りてないと怒る』

同じタイミングで食べ終わっていない場合、「まだそこに食べものあるなこっち持ってこいや!」と言いたげに怒りをあらわにする。

ちょうど準備が終わった時にツマが帰って来たから、同じタイミングで「いただきます」

ここでひとつ、ワタシの中でドキドキが。

〈ひかりの口に合わなくて、いつもみたいに「おかわり!」って怒らなかったどうしよう…〉

チラチラとひかりの様子を伺った。

とりあえずパクパクと食べているし大丈夫かな?

あ、もうすぐ食べ終わる。

どうだ?

…、

怒りのおかわりキターーッ!!

いつもは、「毎回毎回怒らんくていいよ」と言うが、自分が作った時は「怒ってくれ!」と思ってしまっていた。

ひと安心。

少し多めに作ったはずが、見事完食。

ひかりも食べ物を粗末にしない子。

同じタイミングで「ごちそうさま」をして、無事に朝食終了。

本当、よく食べる子たちだ。

その後仕事へ向かい、夜家に戻るとまたつむぎが嬉しそうにしている。

「今日はママと一緒にケーキ作ったよ!」

今日は”ママと一緒”が多くて良かったね。

嬉しそうな顔を見れたらこっちまで嬉しくなるよ。

でもね、明日はパパと一緒に行こうか。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。