スポンサーリンク
子育て

はじめてのどんど焼き。

なんとなく気にはなっていたけれど、自分たちだけでは足を運ばなかった行事は多々あって

それが子どもがいる生活になったとたん

 

『子どもたちに見せてあげたい!』

 

そう言いながら急に足を運びだす。

 

今日もそのパターンのひとつ。

近所で行われていた『どんど焼き』をはじめて見に行った。

『どんど焼き』とは、小正月行われる火祭りの行事とのこと。

満月と神聖な火による浄化の力で、集落の人々の1年間の災いを払い、豊作や商売繁盛、家内安全、無病息災、子孫繁栄を願うのが「どんど焼き」らしいです。

(初めて参加なので調べてみるまでなにも知らず…)

 

〈毎年この時期に近所で何かを燃やしてて、その灰が飛んでくるな〜〉

何年もそのくらいの感覚で見に行くことなく過ごしていたが、今年はムスメたちと一緒に行ってきた。

(寒さとツマの体調不良もあり、ツマときよいちは自宅待機)

 

いざ行ってみるとすごい迫力!

目の前で高く上がる火柱。

『パンッ!パンッ!』と音を鳴らしながら燃える竹。

 

つむぎとワタシはその光景に見入っていたが、ひかりは怖くなってワタシの元へ一直線。

雪解けの地面を歩き回った泥だらけの靴は見なかったことにして、ワタシはひかりを抱っこしながら燃え上がる火を眺めていた。

(泥だらけの靴をガシガシと服にこすられているのも、気のせいということにして…)

スポンサーリンク

しばらく眺めて火力が弱くなってきた頃、 ひかりは急に強気になってワタシから離れた。

『パパ〜…』

さっきまでか弱すぎるくらいの声で抱きついていたのに

竹が『パンッ!』って音を鳴らすたびに怖がっていたのに

火が弱くなったとたんにお調子者の表情で

元気に動き回って

泥だらけの地面で

 

転んだ。

 

転ぶのはいい。

泥だらけもいい。

着替えはリュックに入れてきた。

 

ただな、ひかりよ。

ひとつだけよく覚えておきなさい。

屋外に設置されてある少し氷が張ったレベルの水道から出る水は

冷たいを通り越して

痛い。

ワタシがグッと歯を食いしばりながら汚れたズボンを手洗いし終わった頃、ムスメたちのどんど焼きへの興味は薄れてしまっていた。

そこからは今日も『魔女の宅急便』ごっこがスタート。

まあいい。

楽しいと思うことをやりなさい。

今年はムスメたちのおかげで、ワタシもはじめてのどんど焼き見学。

来年はツマときよいちも一緒に連れて行こう。

 

今日はもうすっかり雪は溶け始めてしまっていた。

つむぎはその中から雪を集めて、小さな雪だるまを作って見せてくれた。

いつもは雪が積もらない地域に住んでいると、この数日は貴重な体験をさせてあげられたし、ワタシにとっても親子でする雪遊びは貴重な思い出になった。

ありがとう、楽しかったよ。

 

そして、明日はひかりの誕生日。

何をして笑顔にさせようかな。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています。

■noteでもパパ目線の気付きを綴っています。是非ご覧ください。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。