スポンサーリンク
子育て

家族の支えになりたいのだが。

昨夜、ひかりは夜中度々寝苦しそうに起きていた。

ワタシもその泣き声で一応目を覚ますけど、いつもツマにくっついて寝ないと安心して眠れないひかりに対し、情けないがワタシには出来る事がなかった。

手を握ってみたり話しかけてみたりしても当然泣き止まず、ツマに全てを任せる事しか出来ない。

毎晩、ずっと一晩通してぐっすり眠る事が出来てないツマには、感謝と申し訳なさを感じながらワタシは再び眠らせてもらった。

朝起きてムスメたちの熱を測ると、つむぎは38度、ひかりは40度。

つむぎは熱の割には元気も食欲もある。

保育園は休ませて、つむぎに朝ごはんを食べさせている間、ツマとひかりにはそのまま眠っていてもらった。

ツマとひかりに少しでも睡眠を。

これぐらいしか出来る事がなかった。

ツマとひかりが自然に起きるまで、ワタシはつむぎと一緒に過ごした。

ひかりの事も心配だけど、だからと言ってつむぎを1人にさせる訳にはいかない。

2人とも、大切なムスメだ。

ツマとひかりが起きて、小児科へ向かう頃にはつむぎは37度まで下がっていて、もういつも通りのつむぎに戻ってくれていた。

つむぎの時でインフルエンザの可能性が低くなったので、ひかりはアデノウイルスの検査をする事に。

結果はこれも陰性。

「風邪だろう」という診断に終わったので、後は乗り越えてもらうしかない。

「子どもの40度は良くある事」とは耳にするけれど、熱で顔を真っ赤にして泣くムスメを目の前にすると、胸がいっぱいになる。

スポンサーリンク

熱はまだ下がらないまま。

仕事帰り、ツマにノンカフェインの栄養ドリンクを買って帰った。

こんな事しか出来ないが、出来る事を何かしたかった。

ひかりはまだきつそうにしている。

1日中つきっきりだったツマが顔を洗いに行く数分だけ、ワタシが交代してひかりを見た。

「大丈夫。大丈夫。絶対すぐに良くなる。」

ツマが側から離れて泣くひかりに、気持ちを込めて話しかけ続けた。

すると、隣の布団に横になっていたつむぎが、ひかりの事をじっと見つめて泣き始めた。

「どうした?ひかりが心配になったと?」

ワタシが尋ねると、つむぎは手で涙を拭きながら静かにうなずいた。

誰よりも心が通じ合っている姉妹。

何とか励ましてあげたいと思っていたワタシの方が、ムスメたちのその姿にぐっときた。

家族の支えになりたいのだが。

結局、支えられてばっかりいる。

元気になってまた一緒に遊べるようになったら、次は笑い涙を流させてやる。

大丈夫、すぐに良くなる。

大丈夫。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

 

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。