スポンサーリンク
子育て

叱れる信頼。

今朝、ワタシはつむぎを叱った。

つむぎが朝起きた時、ワタシはパソコンに向かい、ツマはちょうど洗面所に行っていた。

隣で眠っていたはずのママがいない事に気付き寂しくなったのか、寝室から「ママー!」とつむぎの泣き声が聞こえてきた。

ワタシは寝室へ向かい、「つむ、今ママは顔洗いようだけやけんすぐ来るよ」と伝えた。

すると、つむぎは「いやー!ママがいい!」と、気分任せでワタシの顔を叩いてきた。

今回の理由はこれ。

寂しかったんだろう。

気持ちの部分だけは分かる。

だからと言って人に手をあげていい訳がない。

幼いから許される事でもないし、こういった行為が許されるとも思って欲しくない。

何もただ単に私が腹が立ったから叱った訳ではなくて、ムスメ自身の為だ。

今なぜ叱られているのか。

してしまった行為は取り戻せなくても、その後「ごめんなさい」を言えるのか。

これを分かってもらう為にワタシは叱った。

当然、憎たらしい感情はひとつもない。

恐怖感を植え付ける気もさらさらない。

『この子には絶対伝わってくれる』

ムスメを叱る時、ワタシの気持ちはこの一心だ。

『叱れる信頼』がある。

絶対分かってくれる。

本当のところはどうだか本人にしか分からないが、ワタシはムスメを信頼している。

スポンサーリンク

「今日は散歩して保育園行きたい」と、つむぎが言ってきた。

ムスメの事を信頼しているのは間違いないけど、ワタシ自身の子育てに関しては、ずっと手探り半信半疑。

「ムスメは分かってくれているはずだが、ワタシの態度はこれでよかったのか?」

ムスメを叱る度、いつも同じ自問を繰り返す。 

その自問に対する答えをごまかすかのように、今朝のワタシはマシュマロをひとつ手に隠し持ち、つむぎと一緒に保育園まで散歩して向かった。

散歩の途中、「つむ、パパの手をよく見てごらん」と言いながら、手に持ったマシュマロを見せると、さっきまで叱られていただけあって、まさかのマシュマロにつむぎは大喜び。

本当は、その笑顔だけを見ていたいんだよ。

それはいつだってそうだ。

でも、伝わると信頼しているからこそ、叱る時は叱る。

その度にワタシの伝え方が悪い部分もあると思う。

すまない。

まだまだ半人前の父親だ。

今は足りない部分ばかりだけど、それでも、これからも、ムスメたちも、パパの事を信頼していてほしい。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。