スポンサーリンク
子育て

父親の理想と現実。

無口で頑固一徹、怒ると怖いが時々見せる優しい笑顔。

本当に必要な時にしか口を挟まない、基本は全て背中で語る。

そんなレトロで昭和な親父に憧れていた。

ところがどうだ。

口数多めで怒るどころか顔もニヤけ気味。

必要のない時にまで口を挟み、行事には前のめりで参加し、基本は背中を向ける事がない。

「え?声変わりまだ?」

そう思われそうなくらい、妙に高い声でムスメたちと接している自分がいる。

「こら!お父さんに言うよ!」

ツマがそう言えばムスメたちは縮こまり、そのひと言で全てが丸くおさまるような、そんな存在になる予定だった。

だが、今の調子でいくと将来的に、「こら!お父さんに言うよ!」とツマが言ったところで、ムスメたちは縮こまるどころか「え?お父さんに?やっほー!助かったー!」と伸び伸びする事だろう。

ムスメたちを目の前にすると、あの頃描いた理想の父親にはなれそうもない。

現実のワタシはそんなもんだ。

だからあの頃の理想はもう諦めた。

その分、ワタシの理想はムスメたちに委ねる事にした。

スポンサーリンク

いいかムスメたちよ、父の理想こうだ。

『可愛くてモテない』

これだ。

可愛いとは容姿の見た目の事なんかではない。

まず何をするにも「あ、パパ」と真っ先にワタシを思い浮かべる心の可愛さだ。

料理をすれば「あ、パパに食べさせたい」

ショッピングに行けば「あ、パパにこれ似合うかも」

これだ。

この可愛さだ。

笑うなよ。引くなよ。

いいか、ワタシはいたって真面目にこれを打ち込んでいる。

そして最も大事なのは、次の『モテない』の部分だ。

何も相手の気持ちまでコントロールしろとは言わない。

どうして欲しいかと言うと、心に「パパが誰よりも愛してくれている」という、大きな大きなドアを置いていて欲しい。

そう簡単にそのドアは開けてはダメだ。

そのドアの鍵は、これまでのワタシとの『思い出』

この『思い出』を超えるようなワクワクが待っていない限り、絶対に開けてはダメだ。

ムスメは3歳と0歳。

まだまだ子ども。

今こんな事書く予定は全くなかった…

ちょっとハイボールもう一杯作ってきます。

…ゴクリ

えー、どうやら保育園でつむぎがモテているらしい。

その様子を、仕事中のワタシにツマは、「」や「^ ^」や「」などで締めくくった呑気なラインを送ってきた。

ワタシは日頃から水をよく飲む事を心がけているが、水を飲み過ぎたせいか、精神的ショックからかは分からないが、お腹を下した。

この精神的ショックは今日に始まった訳ではない。

つむぎのモテ話しがある度に、ツマは楽しそうに話してくる。

これはある意味、新手の家庭内暴力と言ってもいい破壊力だろう。

いつもならほろ酔いになるはずの量を飲んでも、今日は全く酔えない。

羨ましい。

正直、ムスメがモテる事を楽しめるツマが羨ましい。

同性の強みなのか、ワタシはいつだって複雑だ。

仕事中外へ出ると、目に入る枯れ果てた木を眺めながら、「まるでワタシの心のようだ」と、感傷に浸った。

でもこの木にあった葉は、枯れる前に綺麗に色付いた事をワタシは知ってる。

先日、つむぎが保育園の帰りに「パパに!」と言って持て帰ってきてくれた葉も同様だ。

ワタシもただただ心を枯らすのではなく、つむぎからもらった葉っぱを見て、綺麗に色付いている頃に心を戻そうと、家に帰るとその葉っぱを探した。

見事なまでに、ひかりがボロボロにしていた。

父親の理想と現実。

ハイボール、濃いめでもう一杯作ってきます。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。