スポンサーリンク
子育て

おかわり自由。

昨夜は思っていた通り深夜に帰宅。

「つむは、”パパがいいよ〜”って言いながら寝たよ」

まだ起きていたツマから出された、この極上の言葉のツマミを噛み締めながら、ワタシはハイボールをゴクリと流し込んだ。

ご飯を食べ、少しパソコンに向かい仕事を済ませるとムスメたちが眠る寝室へ。

〈明日起きたら喜んでくれるかな〉

そんな淡い期待を抱きながらホットアイマスクを装着し、つむぎに「おやすみ」を言う為に顔を近づけると、寝相の悪いつむぎが振り回した手がホットアイマスクを掴み、そのまま引きちぎられてしまった。

仕方なくちぎれたホットアイマスクを手で抑えながら、ワタシも眠る事に。

今朝、ワタシの方が起きるのが早かったので、コーヒーを飲みながらムスメたちが起きて来るのを待っていた。

するとゴソゴソと起きて来たつむぎと目が合った。

「おはよう。つむ、パパ帰ってきたよ」

あれだけ一緒に寝たいと言ってくれていたらしいから、どんな顔をして喜ぶかと思い、ワタシは笑顔で出迎えた。

「おみやげ買ってきた?」

予想を大きく外れた返答。

ワタシよりも、時々買ってくる駄菓子が目当てだったらしい。

「つむ、昨日は遅く帰って来たけんお店はもう閉まっとったとよ」

何も「お疲れさま」を言って欲しいとまでは望まない。

せめて笑顔で「パパ!」と、飛びついて来て欲しかった。

「つむ、ほら、パパ帰ってきたよ(飛びついて来てごらん)」

ワタシは再度笑顔で話しかけた。

「スーパーに行けば売ってるかもよ?」

つむぎはいつの間にか賢くなった。

「そか。今日は行ってみるね」

その間、ツマが朝食の準備をしてくれたから全員着席。

毎度の事だが、今日も朝からつむぎの食欲はすごい。

「おかわりください!」

「おかわりください!」

「おかわりください!」

「おかわ…」

「もうだめ!」

ご飯4杯目に突入しようと試みていたが、そこはツマストップ。

保育園に行くとすぐにおやつの時間や給食の時間もあるので、朝食べすぎるとそれが入らなくなるのも理由。

しかし、朝からご飯3杯とはたいしたもんだ。

スポンサーリンク

今日はツマと一緒に登園した為、ワタシはひかりと留守番。

昨夜会えなかった分、それを取り戻す様にたくさん遊んだ。

と言うより、遊んでもらった。

何度も何度もひかりの笑顔を「おかわり」し、相手し疲れたひかりは夢の中へ。

ひかりは毎回『ママがいない』と気づくと寝るのが早い。

泣かず、ワガママ言わず、とにかく寝るのが早い。

「おっぱい飲めないなら、寝ます」

このスタイル。

今日もあっという間に寝てしまうまでの少しの時間だったけど、いっぱい元気をもらえた。

よし、今日も張り切ろう。

それと、帰りはスーパーに寄って帰ろう。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。