スポンサーリンク
子育て

きみがそう望むなら。

子どもが望む事、期待する事、楽しみにしている事に対して

『応えてあげたい!』

そう思って止まないのが親の性。

先日つむぎに言われたあるひと言で、ワタシは今真剣にその事を想像しては悩んでいる。

「今日はお散歩で行く!」

つむぎのリクエストで保育園まで歩いて行った朝の事。

我が家の前には小学校があり、保育園に行くにはその小学校の隣を歩いて行く。

ワタシを悩ませているのは、その時につむぎと交わした会話。

スポンサーリンク

 

「パパ、小学校っていうのは誰と一緒に行くと?パパ?ママ?」

「違うよ。小学校になったら1人で行ったり、友だちと行ったりするとよ。」

「…なんで?」

暗い表情で、声を震わせるつむぎ。

 

「つむはパパと一緒に行きたいと?」

「うん」

「小学校もそれから大きくなってもずっと?」

「うん」

「こうやって手を繋いで?」

「うん」

 

話しを冒頭に戻そう。

子どもが望む事、期待する事、楽しみにしている事に対して

『応えてあげたい!』

そう思って止まないのが親の性。

 

つむぎ

いつかきみがこれを読む時、「パパ何書いとうと〜」と言って笑う事だろう。

でもね、あの日あの会話あの後、ギュッと強く手を握り返したのは、パパの決心の現れだと言う事を忘れないで欲しい。

 

今日は金曜ロードショーで『コクリコ坂から』がある。

ジブリ好きになったつむぎと一緒に観る予定だ。

自転車の2人乗り。

学校帰りにコロッケを買い食い。

そして、恋。

 

『大きくなっても一緒に学校に行きたい』

 

つむぎからそう言われて以降、パパは正直意識している。

あの淡い青春映画が、きっと今のワタシには違った感情で目に映る事だろう。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

■noteでもパパ目線で綴っています。是非ご覧ください。

コトバの溜まり場。

■ランキングに参加しています。このボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。