スポンサーリンク
子育て

先生、違うんです。

誤解を解く為にひと言伝えるべきか、それともそれでおし通すべきか。

ワタシは今、先日つむぎの担任の先生に言い放った自分自身の言葉の処理の仕方に悩んでいる。

今日は来週木曜日に控えた、つむぎの『芋掘り遠足』の手伝いに必要な『長靴』を借りにワタシの祖父母宅まで。

叔母に連絡を取ったところ、祖父が畑仕事に使っていた『長靴』があるとの返答が。

その『長靴』を借りに。

ワタシが先生に余計なことを言ったのは、この『長靴』を借りれると決まる以前のこと。

スポンサーリンク

元々長靴を持っていなかった。

必要と感じた事もなかったし、今後も必要と感じる予定がない。

だからどうしても今回の芋掘り遠足の為だけに長靴を買う気がしなかった。

 

『汚れてもいいように』

 

長靴着用の目的はどうせこんなところだろうと決めつけていた。

靴箱を覗くと履き古したスニーカーがちらほら。

「これでいいや!汚れたらこのまま捨てよう!」

ワタシは汚れてもいいスニーカーを盾に、その翌日先生へ長靴不要を伝えに。

 

『先生、芋掘り遠足の長靴は汚れてもいいようにですよね?それなら汚れてもいいスニーカーがあるんでそれでも大丈夫ですよね?』

 

速攻でマウントを取りに行ったワタシに、先生は冷静に一刀両断。

 

『違います。害虫が多い為、芋掘りをさせてもらう現場からも長靴着用が義務付けられています』

 

義務…。

 

それでも今回の為だけに長靴を買う気がしなかったワタシは

『そうですかぁ…。それならハイカットのブーツならどうですか?』

そう言ったこのブーツ。

これは、「わざわざ使い捨てで長靴を買うくらいなら、汚れても洗って長く履けそうなブーツを買おう」とツマの提案で買ったブーツ。

芋掘り用に買ったブーツだが、かなり気に入ってしまい汚したくなくなったので、履いていくのはスニーカーに考えを変更した。

先生からの返答は

 

『汚れても構わなければ、ブーツでも大丈夫です』

 

なるほど。

元は芋掘り用に買ったブーツ。

それならもう汚れ覚悟で履いていこうじゃないか。

ただ、『長靴着用が義務』と言われた言葉がワタシの中で引っ掛かった。

せっかく汚れ覚悟で新品のブーツを履いて行くのに、行った先で『長靴着用』を迫られたらたまったもんじゃない。

ワタシは念には念を入れ

『ブーツを持ってるので、ブーツが大丈夫なら、じゃあブーツで行きます。ブーツで』

と、先生に最終確認を取った。

ワタシのこの発言の真意は、せっかくのムスメの芋掘り遠足の手伝いを、ブーツで行ったことにより参加出来ないという最悪な場面を懸念しての発言。

 

だがこの発言、取り用によっては

 

『俺ブーツ持ってるっすから、ブーツが大丈夫なら、じゃあブーツで行くっす!俺の新品ピカピカのブーツで!』

という、ただブーツを見せびらかせたいだけの発言にも取れる。

結果、ワタシのこの『ブーツ』連呼により、当日ワタシがブーツで参上することを強く先生の頭に植え付けてしまった。

 

長靴を借りれることになったのはこの後日。

『あ〜、つむぎちゃんのお父さん、これをブーツって呼ぶタイプの人なんですね』

この誤解を事前に解くべきか否か。

こんな無茶苦茶どうでもいい葛藤と

ワタシは今戦っている。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

 

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています

▶︎  パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

■noteでもパパ目線で綴っています。是非ご覧ください。

▶︎  コトバの溜まり場。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。