スポンサーリンク
子育て

父の、酔いたい夜。

最近、つむぎのワタシに対する『飴とムチ』の高低差がすごい。

昨夜は、「パパと一緒に寝る!一緒に布団ゴロンして!」と言ってくれていた。

言われた通り同じ布団に横になり、口いっぱいに入れてもらった甘い甘い飴を舐めながら、ワタシは気がつくとつむぎと一緒に眠っていた。

スポンサーリンク

幸せを噛み締めながら眠った翌朝は目覚めが良い。

ワタシは皆んなよりも少し早めに起きてコーヒーを飲みながら、昨夜の甘い飴の味に浸っていた。

朝8時。

「おかあさんといっしょ」のオープニングテーマが流れると、ムスメたちを起こす時間。

朝、少しでもゆっくりと過ごせるように、起こす少し前に保育園の準備を済ませた。

水筒にお茶を入れ、お弁当にご飯を入れたら、食器とハンカチ、歯ブラシ、コップをリュックに入れて準備完了。

さあ整った。

いよいよ起こす為、ゆっくり寝室のドアを開けると…

 

「パパいやーー!!来ないでーー!!」

速攻でムチバチーン!!

ワタシが開けたドアをドーン!!

閉められた。

「うそだろ…」

ただでさえ、さっきのムチでダメージを食らってる状態で、恐る恐るもう一度ドアを開けた。

 

「いやーー!!開けないでーー!!パパ嫌いーー!!」

またまたムチバチーン!!

ドアドーン!!

〈つむぎよ、パパが何をしたって言うんだ〉

そう自分に問い掛け、改めてワタシがとった行動を思い返したが、保育園の準備をしただけだ。

何も嫌われるような事はしていない。

〈きっと何かの聞き間違えだろう〉

もう一度自分に言い聞かせ、さっきまでの事は無かった事にし、再び寝室のドアを開いた。

 

「いやーー!!あっち行ってーー!もうパパとバイバイしてもいい!!」

もうパパとバイバイしてもいい…

もうパパとバイバイ…

パパとバイバイ…

 

このひと言が、既にムチの痛みを感じないくらい、ワタシの意識を薄くさせていた。

ワタシはひかりに相手してもらう事でこの場を逃げ、しばらくつむぎはツマに任せた。

寝ぼけていたのか何なのか、徐々にいつも通りのつむぎに戻った。

その後、つむぎは保育園、ワタシは仕事に。

帰宅後、朝のムチから逃げるようにワタシはハイボールを飲んだ。

もちろん濃いめで。

そして今夜、また寝る前に「パパと一緒に寝る!一緒に布団ゴロンして!」と、つむぎは言った。

分からない。

この飴は甘いのか?

それとも苦いのか?

明日の朝には分かる事だが、考えたくない。

もう、ムチで叩かれたくない。

そうだ。

今夜はこのまま、酔いに酔って眠ろう。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。