スポンサーリンク
子育て

もう3歳?まだ3歳?

3歳。

3歳って、

もう3歳?

まだ3歳?

『もう3歳』と思って接すると、当たり前だけどまだまだ幼くて、

『まだ3歳』って接すると、思っているよりも周りの事が見えていて。

更にお姉ちゃんになったり年下の身内が出来たりすると、自然と求められる立ち位置が決まっていたり。

心の成長が周りの環境に追いつかない事もあって、感情が乱れる事もあって当然。

子どもは生まれた瞬間から「お腹がすいた」「眠たい」「オムツ変えて」などの意思表示をする。

小さくても、幼くても、ワタシたちは自分の意思を持った【人間】を育てている。

「なんで言った通りにしてくれないかな?」

この考えが頭に浮かんだ時点で、これは親のエゴにしか過ぎないのかもしれない。

今日ムスメが感情を乱した。

眠たかった。疲れていた。理由はこっちが勝手に想像する事ができても、ムスメにはきっとムスメなりの意思があったと思う。

ワタシは、「いつも通りこうすれば機嫌は良くなるだろう」

そんな考えでムスメと接してしまい、それでも落ち着かないムスメに対し、

「なんで言った通りにしてくれないかな?」これを思ってしまった。

『もうパパ3歳』と思って、ムスメの事を分かってるつもりになってたワタシは、完全に『まだパパ3歳』だった。

落ち着くまで、寝付くまで、ムスメを抱きかかえ近所を散歩した。

もっとやり方はきっとあったんだろうけど、今のワタシにはこれくらいしか思いつかなかった。

生きてきた年月とそれに伴った経験は親の方が多いけど、【子育て】に関しての心の部分は、親も子も同じ様に向き合って成長していかないといけない。と、眠るムスメを抱きかかえながら思った。

ついつい環境や状況から求める条件が変わってしまう事もあるけど、心のキャパシティを超えさせ過ぎないように接する事が出来る様に、親としての「心」も成長させよう。

「そっちもまだ3歳よ?」

ムスメの泣き声が、ワタシにはそう届いた。


そう届いた矢先、

「いやいや、もう3歳でしょ!これどうにかしてよ!」

つむぎに好き勝手されるひかりの声も届いてきた。

「親になる」ってまだまだ奥深い。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。