スポンサーリンク
子育て

父の新しい感情たち。

『家族』っていう存在が出来てからは、

それまでのワタシの中にはなかった、新しい感情が次々と芽生える。

ツマに対しても、ムスメたちに対しても。

そして、周りの人たちへも。

ただそれは、新しい感情だから、それを言葉で表現するのは難しいものばかり。

ここ数日は仕事が忙しく、帰りが少し遅くなった。

移動手段に使っていた自転車が壊れてしまい、

電車移動になったワタシの疲れを気遣って、

ツマがムスメたちを連れて仕事場へ迎えに来てくれた。

帰りの車内、

寝ているひかりを抱っこするツマ、

とたんに元気になり、今日の出来事をたくさん話してくれるつむぎ。

わざわざ来てくれて「ありがとう」と、いつもは寝る時間なのに「ごめんね」の思いは当然あるが、

これらは言葉で表現の出来る感情で、

これとは他に、言葉では表現出来ない感情も一緒に込み上げる。

絶対的な味方感への安堵と言うか、何というか。

張り詰めていたものを急に弾けさせ、

そのまま目をつぶってどこかへ落下したとしても、

必ず優しく受け止めてくれるという信頼と安心がある。

でも、「信頼」や「安心」とか言う感情ではない。

近いけど、もっと特別な感じ。

そして帰宅後、ツマやムスメに言ってもらえる、

【お疲れさま】

これはただの言葉を超えた、もはや回復系の呪文。

不思議なもので、このひと言で全てが振り出しに戻れる。

寝室で、ツマがひかりを寝かせている間、

つむぎはワタシの晩酌に付き合ってくれた。

この時間を、つむぎも楽しんでくれているのだろう。

「そろそろ寝ようか?」と言うと、

「まだ水飲んでるの!」と、チビチビと時間を稼ぐように水を飲む。

この時間すらも、ワタシの中では言葉で表現の出来ない特別な時間だった。

チビチビと水を飲み終えたつむぎは、渋々寝室へ向かった。

その時ワタシは、「おやすみ」とは言ったものの、

本当に伝えたい、心の中にある感情を言葉には出来なかった。

言葉や感情を超えた特別な存在。

この家族にワタシがいれる幸せ、

これをいつか言葉に表現できるかは分からないが、

この何とも表現の出来ない感情は、

常にワタシの心を満たしてくれる。

今ワタシの中にある言葉でしか伝えられないけれど、

『いつもありがとう。』

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。