スポンサーリンク
子育て

絵本ミュージアムと、地元の名店もつ鍋屋。

夏と言えば、プールや祭りやスイカなど、

いろいろ思いつく行事はあるけれど、

毎年、我が家の夏の風物詩と言えば、

【絵本ミュージアム】

絵本好きな我が家は、今年もワクワクしながら行ってきた。

今年も絵本ミュージアムに向けて、毎日数冊絵本を読み聞かせてきた。

準備万端!

いざ、絵本の世界へ!

言葉は分からなくても、絵本は見てるだけでも価値がある。

ひかりは絵本ミュージアム初参加。

初めての絵本の世界にワクワクしている様子で嬉しかった。

でも、たまには涙。

つむぎは今年で3回目。

最近少しずつ絵本の内容が分かる様になったみたいで、

今までよりも絵本に対する興味がすごい。

今日も疲れて寝てしまうまで、

何冊も、何冊も読んだ。

途中、集中力が切れたのか、急にふざけだすつむぎ。

最近は、「おっぱい、おっぱい♪」とオリジナル曲を大声で歌う事が多い。

そして完全に集中力が切れた。

一旦休憩と言う事で、隣のカフェへ移動。

ワタシはアイスカフェラテを頼み、

ツマとつむぎは「一緒に半分ね。」と、リンゴジュースとクッキーを頼んでいた。

飲み物が届くまでのリラックスタイム。

ひかりは何か思った時、決まって鼻の下を伸ばすクセがある。

ここまではすごく楽しい雰囲気だった。

ここまでは…。

「リンゴジュースさっぱりして、元気がでる!」

ツマのこの言葉に便乗してしまい、

ワタシもゴクゴクと、つむぎのリンゴジュースを飲んでしまった。

絵本ミュージアムへ再入場したが、

傷を引きずるつむぎ。

「絵本読んであげる」と、1冊読んでは、

それでもまた何冊も読み聞かせをすると、

徐々にご機嫌に。

〈今年は少し絵本の数が減ったかな?〉

そうも思ったけど、やはり絵本独特のこの世界観、

最高でした。

ワタシが”いいな”と思ったのはこの絵本。 簡単に言うと、一緒に暮らしていた犬が、お互い歳と重ねるとともに老いていき、

最後は死んでしまうけど、

毎日「大好き」だと気持ちを伝えてきた今までの思い出が、

寂しい思いを、少し慰めてくれた。

そんな話し。

これは親子でもそうだと思った。

毎日毎日気持ちを伝えよう。

これはムスメたちの為でもあって、

いつか離れて生活する時が来た時の、

ワタシの為だ。

その後、絵本ミュージアムを後にし、

「食べ物の恨みは、食べ物でケア」

と言う事で、ツマもワタシも日本一美味しいと思って止まない地元のもつ鍋屋【赤門屋】へ。

やはり博多の人間なので、いろんな所でもつ鍋を食べたが、個人的にはここが最高。

(通販もやってっるので、県外の方も是非!!)

ひかりがまだ小さいので、今日は持ち帰りで。

美味しい上に、全てが親切。

お店は雰囲気も最高なので、お店で食べるのには負けるけど、

味は家でも超絶品。

博多っ娘、幸せを噛みしめる。

美味しいモノへは手加減なし。

たくさん絵本を読んで、たくさん美味しいものを食べて、

今日は、食べ物と絵本の、

どっちの夢を見るかな。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。