スポンサーリンク
子育て

愛しくも危険な夜。

きよいちの誕生以降、家族揃って寝るのには手狭になってきた我が家の寝室。

ワタシが朝1番最初に起きることもあって、今はワタシひとり別室で寝ている。

そんな中、昨夜はつむぎがもぞもぞとワタシの布団に入ってきた。

 

『パパと一緒に寝る!』

 

なんという愛おしいひと言。

これまでも何回か、こうやってワタシの布団に入ってきたことはある。

だが、毎回眠る直前になると自分の布団へ戻って行ってばかりだった。

 

〈今日も寝る前になったら戻るだろう〉

 

そう思いながら、ワタシはつむぎの背中を「トントン」と叩き始めた。

その後、寝かしつけたのか寝かしつけられたのか。

気がつくとワタシもすっかり眠ってしまっていた。

スポンサーリンク

 

『あ痛っ!』

 

夜中の1時。

ワタシはつむぎからの激しい蹴りで目が覚めた。

昨夜のつむぎは寝室に戻ることなく、ワタシの布団で眠っていた。

ワタシはすぐに寝直そうと試みるが、それを妨げるようにように転がるつむぎ。

〈本当に寝てる??〉

そう疑いたくなるような器用な寝相。

ギリギリ空いていたスペースに体を小さくしながら再度眠りにつくも…

 

『あ痛っ!』

 

3時。

次は渾身の体当たり。

つむぎからの無言の『じゃま』というメッセージを受け取ったワタシ。

〈ならば、せめて頭だけでも…〉

体は完全に布団からはみ出し、枕も取られていたから頭だけを一応布団の上へ。(当然かけ布団も占領され済)

仕方ない。

これでもう少し寝よ…

 

『あ痛っ!』

 

4時。

何か分からないが、とりあえず痛かった攻撃をくらう。

かすかに置いていた頭ですら許されなかった。

寝ることを諦めたワタシは、もうそのまま起床して少し早めのウォーキングへ。

 

『パパと一緒に寝る!』

この言葉は心から愛おしいんだが、寝相の悪さには危険が多く潜んでいた。

朝方、つむぎは何事もなかったように寝室へ戻り再度夢の中へ。

寝室を覗くと、『お姉ちゃんが居なかったスペースをフルに使っていました!』そう言わんばかりに、ひかりも真横になってのびのびと眠っていた。

まあ、寝ている時までこうやって元気なことは結構なんだが…

パパは今、非常に眠たい。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

 

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています

▶︎  パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

■noteでもパパ目線で綴っています。是非ご覧ください。

▶︎  コトバの溜まり場。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。