スポンサーリンク
子育て

仲良しがいるだけで。

「保育園行かない」

つむぎはそう言って、今朝はなかなか家を出ようとしなかった。

保育園では、自ら進んで輪に入って遊ぶタイプでもないし、本来の明るく元気な性格を出せている訳でもない。

だから、朝は気が気が進まないのは良く伝わってくるが、行ってしまえばそれなりに楽しんでくるのも知っている。

もうご飯も着替えも済ませたのに、ここに来て「行かない」と言いながら布団に横になるつむぎを、あの手この手で誘い出す。

「パパ1人で行ってしまうよ?」

「ママもひかりも出るから、1人になってしまうよ?」

いつもなら、「いやー!」と言いながら付いてくるはずが反応なし。

休ませたところで相手をしてあげられる訳でもない。

「さあどうやって連れ出そうか」と考えながら、ワタシは少し困りながらつむぎを眺めていた。

すると、流石はツマの”鶴の一声”。

「今日のおやつはピザトーストだってよ」

ワタシが何を言っても布団から離れようとしなかったつむぎは、ツマが言った「おやつはピザトースト」に釣られ、黙ってむくりと起き上がり自転車のヘルメットを手にした。

いやぁ、お見事。

スポンサーリンク

無事に連れ出しに成功し、その後ワタシと自転車で保育園に向かった。

でも、つむぎを後ろに乗せて自転車を漕いでいる最中、ワタシの心のどこかには、「本当にこの子には居場所がなくて、本当に行きたくなかった場合、これで良かったのかな」そんな引っかかりが残ったままだった。

保育園に到着し、「さあ、どうやって見送ろうか」と思いながらつむぎを自転車から下ろした。

すると、そんなワタシの考え事が吹き飛んでしまうくらいの元気な声で、外遊びをしていた子たちが数人駆け寄って来てくれた。

「つむちゃんやっと来た!」

その言葉に心底安心した。

この子にも、こうやって迎え入れてくれる友だちがいる。

我が子に『仲良し』がいるだけでこんなにも安心するものなのかと、これも親になって初めて知った感情だった。

「つむぎと友だちになってくれてありがとう」

そんな思いでワタシは保育園を後にした。

素直に嬉しかった。

家では姉妹仲良もいいし、これにもすごく安心している。

愛する我が子が笑顔で話せる『仲良し』がひとりでもいてくれたら、親としてはすごく心強い。

ありがとう。

ありがとう。

そんな1日。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。