スポンサーリンク
子育て

念願のりんごちゃん。

今日は日曜日だけど、以前体調不良で休んだ時の知育教室の振替日。

午後3時からのレッスンだったから、それまでは近くのショッピングモールへ買い物に。

子ども服って見てるだけで本当に可愛い。

しっかり一丁前にデザインされているのに、あの小ささは愛おしすぎる。

気に入った服を手に取った後の試着室は、笑顔溢れるパラダイスだ。

そんなパラダイスに時間を忘れて楽しみ、その後急いで知育教室へ。

今日は「大きい」「小さい」などの【比較の概念】を学んだ。

単体で見て「大きい」や「小さい」が分る物でも、その他複数の物と比べて、どれが「大きい」かを問われるとこれが難しい。

『複数のものを比べた時に、どれがどうなのか』

これを早いうちから判断出来るようにするレッスン。

教材は何もなくても、ご飯を食べる時などにおかずを取り分けて、「どっちのお皿に乗ったおかずが多い?」と聞くだけで比較の概念が養われると教わった。

更に、数えられる物の場合は、「どっちが何個あるから多い?」と聞けば、数を数える練習にもなり、その上で答えを導き出すから、後々学ぶ算数に繋がってくる。

ツマもワタシももれなく文系なので、もしこれが不得意でどうも分かりきれない場合、その時は全てを受け入れるから安心して大丈夫。

今日も楽しみながらもよく頑張った。

その後はいよいよ楽しみにしていた地元のお祭りへ、「りんご飴」を買いに。

お金を渡して、自分で選ばせ、自分で買う。

そしてお釣りとレシートをきちんとツマかワタシに渡す。

ちょっとした買い物は、基本そうさせている。

この方がムスメの中で、買えた喜びと達成感、そして少しの緊張感を実感する事が出来るだろう。

そしてこの「自分でした」という感情が、食べ物の場合美味しさを増してくれる。

これ以外にも、我が家に飾る「福笹」の交換もつむぎにお願いした。

働けば働くほど、その後味わうご褒美は格別だ。

スポンサーリンク

【十日恵比寿】という地元のお祭り。

決して広い範囲で催されているお祭りではないけれど、幼い頃や学生の頃のワタシの目には華やかで盛大なお祭りだった。

その、決して広くはない範囲を埋め尽くすようにある出店の中を、何周も何周も歩くだけで楽しかったのを覚えてる。

だが、寂しい事に年々出店も減って、活気も薄れてしまっているのが目に見えて分かる。

「絶対なくなってほしくない」

そう思いながら、今年も親子で同じお祭りで、年月を超えて同じ思い出を共有出来たのはとても嬉しかった。

帰宅後、初めてのりんご飴を実食。

りんご飴どころか、幼いうちから多量の糖分摂取を控える為、日頃から飴すら食べさせてないからきっと初めての飴。

ペロっと舐めては「おいしいー!」と満面の笑み。

これが、飴だ。

これが、りんご飴だ。

その幸せそうな笑顔に、見てるこっちが幸せになった。

初めてのりんご飴に、最初はどう食べればいいか戸惑っていたけれど、流石の食いっぷり。

食べられる部分はキレイさっぱり胃袋へ。

こんなお菓子も日頃から食べてたら面白みもないだろう。

次のお祭りまで、また楽しみは取っておこう。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。