スポンサーリンク
子育て

一日一笑。

1日1回大笑いをさせてください

以前、ひかりの知育教室で言われた。

赤ちゃんは笑う事によって脳が刺激されるらしく、笑えば笑うだけその分脳が刺激され「お喋り」が早く出来るようになるという事を教わった。

脳は8歳で完成する為、今のうちにたくさんの刺激を与えておく事が必要。

つむぎも同様、まだシナプス増加中の脳に刺激を与える為に、大笑いは最適。

それ以来、『1日1回は大笑いをさせる』が1日の目標に決まった。

今までも、「笑顔が見たい」という理由で出来る限り笑ってもらえるように接してきていたが、学ぶ事で更に一歩踏み込んだ知識がついた。

これで笑わせる方もまたやる気が出る。

「今日も元気に保育園に行くぞ!」

ムスメたちを連れてエレベータに乗った時の事。

上の写真はワタシの位置から見ていると、つむぎがひかりとじゃれ合って、何ならおデコあたりにキスでもしているのかと思い、後ろから微笑ましく見ていた。

だが、撮った写真をよく見ると…

完全にイタズラされていた。

ごめん、ひかり。

笑わせる方なのに、ワタシが笑ってしまった。

スポンサーリンク

今日も暖かくて散歩日和。

日に日に数が減っていく落ち葉の中から、大きなイチョウの葉っぱを見つけ、つむぎは元気よく登園。

つむぎを見送った帰り道、ひかりがベビーカーから降りたそうに声を出していたので抱っこをして帰った。

そして、ここでもただ抱っこして歩いて帰るだけではなく、学んだ事を実践しながらひかりの脳を刺激。

行動を言葉にして聞かせる

更にこの時、擬音を混ぜるといいらしい。

ワタシは、「ひかり、テクテク歩いて帰ろうか?」と声をかけた。

こうする事で、その言葉から状況を想像し、言葉の意味と行動がインプットしやすくなるようだ。

「コトコト料理する」

「ピカピカ掃除をする」

など、言葉かけひとつ意識するだけでムスメたちの為になるなら面白い。

途中、眠たそうな雰囲気を見せたから、「スヤスヤ眠っていいよ」と言葉をかけると、ひかりは素直に夢の中へ。

家に着き、布団に寝かせようとすると泣き出したから再度抱っこ。

「置かれる」と察して敏感になっているのか、少しでも動かすとすぐ泣き出してしまう。

結果、膝の上で寝かせ、ワタシは地蔵のようにその場でじっと固まっていた。

足がしびれ、更に感覚がなくなってきた頃、限界を感じ布団へ再トライ。

無事に布団で眠ってくれたのはいいが、なかなか大笑いを成功出来ない。

そのままよく昼寝をした後に、今日はひかりを実家に預けてワタシは仕事へ。

つむぎも保育園後は実家にいるので、ツマには仕事終わりのそまま家に帰ってもらって、ワタシが帰りにそのまま車で2人を迎えに行った。

つむぎは眠たい前、笑いのスイッチが入りいつも変なテンションになる。

今日は疲れているのか早くもスイッチオン。

帰りの車内から家についても大笑いで、そのまま眠ってしまった。

つむぎは大笑い成功。あとはひかりだ。

いろいろと遊んでいる最中にワタシがひょいと肩車をすると、頭の上で「キャッキャ」と笑い声が!

ギリギリセーフで今日の目標達成。

肩から下ろし、まだ笑っている顔をよく見ると、遂に上の歯茎からも歯が顔を出していた。

徐々に「赤ちゃん」のひかりともお別れか。

これから出会う「子ども」のひかりも、また楽しみだ。

さあ、明日も笑わせるぞ。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。