スポンサーリンク
子育て

はじめてのおつかい(ミニ)。

昨日書いた『古希フェス』はとても楽しい夜だった。

以前ムスメたちの保育園で園長先生が話されていた『いのち』のお話し。

【沢山の人との繋がりがあって『今』の自分が誕生し、存在するという事】

まさにそれを感じる事が出来る一晩。

ムスメたちもいつか、それを思い出してくれる日が来てくれると嬉しい。

スポンサーリンク

そんな『古希フェス』の帰り道、親ならきっと一度は妄想をする

– 『はじめてのおつかい』に我が子が出演したら –

これをミニバージョンで実践してみた。

今回は、コンビニで好きなアイスを買いに行くのがミッション。

つむぎにとってはこれが正真正銘、『はじめてのおつかい』

500円玉だけを握らせ、ワタシは店の外で待機。

それでは、行ってらっしゃい!

たくましく育ってくれた故に感じる寂しさを感じながら、ワタシはこの背中を見送った。

ムスメよ…どうか無事で。

アイス売り場の方は外からは良く見えない。

入店して約40秒は経ったが、つむぎは姿を現さない。

ワタシに凄まじい緊張感が走る。

 

つむぎに何かあったんじゃないか。

出入口でワタシが待機しているから、裏口から連れて行かれたんじゃないか。

警察に連絡するか?

いや、そんなに待っていられない。

それなら今直ぐ店内に突入するべきか?

武器は店前にある傘を持って行こう。

ワタシは中学の頃まで剣道部だった。

傘で戦おう。

やった事ないけど、相手を威嚇するパフォーマンスの意味を込めて、二刀流で乗り込もう。

 

そんな、心配でソワソワと小刻みに体を揺らしているワタシの前に、つむぎは驚くほど笑顔で登場した。

安堵と感動で体の力が抜ける思いだった。

見てるよ、つむぎ。

よーく見てるよ。

よーくこの目に焼き付けてるよ。

1人で立派に店員さんとやりとりをしている姿が、やけに眩しかった。

商品とお釣りを受け取る様子が見えた。

ついに…1人で買えたのか…

 

すごい!

すごいぞつむぎ!

早くパパのところにおいでー!!

おそらく、全部で2分くらいだったつむぎの『はじめてのおつかい』

このたった2分くらいで感情がぐちゃぐちゃになっていた心配性のワタシには、あの番組の企画は向いていないという事がよく分かった。

『ドキドキした』

そう言いながら目をキラキラさせて戻ってきたつむぎは、外で無駄にソワソワしてたパパよりもよっぽど立派だったよ。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。