スポンサーリンク
子育て

やはりワタシはイクメンではなかった。

ツマに臨時で入った2週間の仕事が、今日で無事に終えた。

この2週間、バタバタとしながらもムスメたちと濃い時間を過ごせた。

ツマは朝出て行くのが早かった。

その為、まずは朝起きてつむぎとひかりにご飯を食べさせながら、保育園の準備。

食べ終わったら、着替えと歯磨き洗顔をして出発。

3人で散歩しながら保育園までつむぎを連れて行く。

次は帰ってひかりのお昼ご飯の準備と昼寝の時間の確保。

その後、ひかりを保育所に預けてから、ワタシは仕事へ向かう。

ざっとこんな日々をムスメたちと過ごしていて、改めて確信出来た事がひとつあった。

【やはりワタシはイクメンではなかった。】

今朝、つむぎは珍しく何をするのも「イヤッ!」と駄々をこねた。

だが、こんな時の対処法くらい心得ている。

無理やり言って聞かせることなどしない。

『温かい飲み物を飲ませてホッとさせる』

これが効果的。

ワタシは牛乳を温め、その中に少し砂糖を入れてホットミルクを作った。

結果はご覧の通り。

うまくいった。

でも、予想外の展開だったのはここから。

フラフラと歩き出して、急に床に横になった。

ゆっくりと目を閉じで、本当に寝ようとしていた。

「つむ!今から保育園行くとよ!」

そう声をかけると、つむぎはやる気なく顔をあげた。

このやる気のないポーズにひと通り笑った後、抱えて起こして保育園へ。

保育園から家に戻ると、ひかりは眠たそうにしていたから抱っこして寝かしつける事に。

今日も敏感な背中スイッチを刺激し過ぎないように、慎重に、慎重に抱っこしていたひかりを布団に横にした。

昼寝をしている間、パソコンに向かい少し仕事をし、それからお昼ご飯の準備。

今日はレタスチャーハンを作った。

使ったのは、レタス、にんじん、ウインナー、卵。

0歳児用だから、とにかく野菜もウインナーも細かく切り、炒める時も食べる時に口の中がパサつかないように、米がパラパラになりすぎないように、卵のふわっとした感じを残したままで、味付けは本当に少しだけ塩をまぶして完成。

気持ちいいくらいの完食。

食後、保育所へ預けに行き、ワタシは仕事へ。

スポンサーリンク

仕事へ向かう最中、ワタシは改めて実感した。 

今日、ムスメたちの為にした事も、これまでにしてきた事も、『特別』な事はひとつもなく、全てが『当たり前』な事ばかりだった。

ワタシがしていない時は、ツマがしていてくれていた事ばかり。

我が子を育てる為に、親がするべき『当たり前』の事を、『当たり前』にしただけ。

その『当たり前』に対して、わざわざ【イクメン】というバッジを自分自身に飾る気には、やはりなれなかった。

「お父さんが1人で面倒見て大変ですね」

そう言われる度に心の中で鼻で笑った。

「ムスメたちの親です。当たり前です」

やはり胸を張って言えるのは、ワタシは【イクメン】ではない。

ワタシは『当たり前』の事をしているだけの、この子たちの【パパ】だ。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。