スポンサーリンク
子育て

パパはエンターテイナー。

「あー、だめだ!間に合わん!」

つむぎの登園時間が近づいてるがまだ準備が出来ていなく、ワタシは声を漏らした。

ツマはもう仕事へ出ている。

「すいません、つむぎの父ですが…」

保育園に遅刻の一報を入れ準備再開。

外遊びの時間には間に合わせてあげたくて急ぐが、今朝からムスメたち2人分の準備があるからなかなか進まない。

とりあえず、着替えさえ終わらせとけば後は何とかなると思って、起きてすぐに2人の着替えだけは済ませた。

「よし、ご飯を食べてもらっている間に他の準備だ」

そう思い、安心して準備を進めていると、背後から「バシャーン」の音。

「パパー!お茶こぼれたよー!」

見事に上も下もパンツまでびしょ濡れ。

着替えていた服を全て脱がせ洗濯カゴへ持って行き、再びリビングへ戻ると、自分で着替える気ゼロで裸のままはしゃぎ回るつむぎを見て、もう焦るのはやめた。

「つむ、もう外遊びは諦めよう。その代わりパパとひかりと遊びながら行こう」

訳が分かっていないまま「うん!」と、つむぎはまたはしゃいでいた。

スポンサーリンク

福岡の今日は12月も中旬と思えないくらいの暖かさ。

いつもは外遊びが終わっている時間に保育園に着いたが、今日は長めに遊んでいる様子。

天候が味方してくれた。

外遊びに参加したつむぎとバイバイをし、ひかりを抱えてその後一度帰宅。

ここからが勝負だ。

ひかりはこれから生まれて初めて親元を離れて時間を過ごす。

課題は大きく3つある。

・保育所へ行くまでの時間、ワタシと2人で過ごしている時間に不安要素を与えない事。

・絶妙な間隔で離乳食を与え、ひかりの頭から授乳の概念を消し去る事。

・とにかく楽しませる事。(泣かさない事)

ワタシ自身、不安が無いと言ったらウソになるが、もう後戻りは出来ない。

絶対に負けられない戦いが、いま始まった。

まずは相手を分析するところから開始。

一体何に反応し、何をすれば笑顔を見せるのか。

絶対に人には見られたくないような姿や動きで、とにかくツボをさぐった。

– 我が子を楽しませたい –

この一心でムスメ相手に必死になるその姿こそ、『パパ』という名のエンターテイナーそのものだったと思う。

この戦いは約2週間の長期戦。

初日の今日は、手探りながらも楽しませ続けれたと自賛している。

保育所へ連れて行く最中に眠ってしまい、状況が分からないまま預けたから泣きはしなかったけど、ツマが迎えにいった時はやはり寂しくて泣いてしまったらしい。

ワタシが仕事から戻ると、ひかりはスヤスヤと眠っていた。

外に出て、もし不安や寂しくなった時、

「大丈夫、家に帰ればパパが楽しませてくれる」

ムスメからそう思ってもらえるパパにワタシはなる。

どこの誰よりも楽しませる、ワタシは『パパ』というエンターテイナーだ。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。