スポンサーリンク
子育て

『我が家の味』自家製味噌完成。

今年の2月、家族皆んなで一緒に味噌を仕込んだ。

その味噌を遂に今朝から解禁。

味噌作り始めました。先日家に戻ると、未だかつて見たことのない量の『大豆』が台所を占領していた。 味噌作りをするとは聞いていたけれど、こんなにも大豆が必...

この時の日記では『10ヶ月後に会いましょう』と締め括っているが、今まで愛用していた頂き物の味噌がなくなったこのタイミングでの解禁を決意。

だが我が家の味噌はまだ8ヶ月しか経っていない。

念のため、もう食べて大丈夫なのか調べてみると…

 

『1月〜2月に仕込んだ味噌は、10月〜11月が食べ頃』

 

おーーっ!!

10月になってるーーーっ!!!

 

と言う訳で、安心して8ヶ月ぶりのご対面!

これが世界にひとつしかない、我が家だけの味。

我が家だけの味噌。

早速、今朝のみそ汁に使ってみた。

味噌作りも、その味噌を使ったみそ汁を食べるのも、ワタシも生まれて初めての経験。

この8ヶ月、味噌が眠っている鍋を毎日見続けてきた。

子どもたちと一緒に作った味噌。

ずっと楽しみにしていた、『我が家の味』のみそ汁。

本当に美味しかったし、それ以上に感動した。

スポンサーリンク

朝食でつむぎにも食べてもらった。

つむぎは当時、大豆を潰すのを一生懸命頑張ってくれた。

それではどうぞ!

自分で作った味噌の味はどうですか?

8ヶ月待ったこの笑顔。

嬉しい。

 

ひかりも味噌作りの時は応援を頑張ってくれた。

そして何より、幼い子の食に対しての反応は正直。

気を遣うようなことは決してしない。

美味しくなければ、すぐに食べるのをやめてしまうだろう。

それではひかり先生、ご賞味ください。

先生、いかがでしょうか…

先生…

………………

………………………………

………………………………………

 

 

せ、先生…。

良かった。

でも先生の言う通り、本当に美味しんだけど『わるくない』と言った仕上がり。

何と言うか、もっと味に深みが欲しい。

ツマもワタシも、もう既に次の味噌作りに燃えている。

まだ1回目。

今後、改良に改良を重ねて『我が家の味』を完成させる。

そしてこの味が、今後子どもたちの身と心に刻まれていくだろう。

いつか子どもたちが成長して家を出て、久しぶりに帰った時にこのみそ汁を食べて

『懐かしい』

そう言ってくれる日を将来の楽しみのひとつにしている。

もう少し寒くなったら、また皆んなで来年用の味噌作りを始めよう。

きよいちが食べれる頃にはもっと美味しくなってるかな。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

 

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています

▶︎  パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

■noteでもパパ目線で綴っています。是非ご覧ください。

▶︎  コトバの溜まり場。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。