スポンサーリンク
子育て

人という字は。

今日は昼前からワタシの母が家に来たので、一緒にお昼を食べてムスメたちを保育園へ迎えに行く時間までを我が家で過ごした。

ワタシは仕事がありパソコンに向かっている時間が多く、ツマはお昼の準備や家のことをしてもらっている間、きよいちのことは母に見てもらった。

我が家からワタシの実家までは徒歩10分ほど。

なのでこうして来てもらったり、行かせてもらったりを度々繰り返している。

そうした日々を過ごして行く中で、大人になると、そして親になるとしみじみと実感するのは

 

『誰かの支えがあって今の自分たちがいる』

 

ということ。

特に幼い子がいる間は、『ご飯をゆっくり食べる』といった時間を確保するのですら難しい。

もっと言えば『ちょっとトイレに行ってくる』という時間ですら、まともに確保できない。

コロナの影響で仕事を家でするようになり、ワタシもこれらを身に染みて実感した。

そんな時に『実家』という存在は大きい。

安心して『ちょっとよろしく』を伝えられる存在は大きい。

スポンサーリンク

ワタシの心の恩師、『3年B組金八先生』 もこうおっしゃっていた。

 

人という字はねぇ、ひとりの「」がもうひとりの「」を支えているです。 つまり、が支え合ってるからなんです。』

 

今までこの言葉を何となく理解していたつもりでいたけど、親になった今はより深い部分で共感している。

周りの支えがあって、今のワタシたち家族がいる。

そして何より、子どもたち自身が多くの愛情に包まれていることを実感できていると思う。

だからきっと、子どもたちは今実感している愛情を他の誰かにも注ぐことができるようになるだろう。

 

といった内容をまだ書き続けようと思ったけど、ワタシの両親もこの日記を読んでいるようなので、恥ずかしくなるからこの辺で。

 

我が家一同心より

感謝してます。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

 

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています

▶︎  パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

■noteでもパパ目線で綴っています。是非ご覧ください。

▶︎  コトバの溜まり場。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。