スポンサーリンク
子育て

常識なき発想力。

今年も暖冬だと思わせといて、一気に冬本番。

ここ数年は、徐々に移り変わる四季の変化を感じられてないような気がする。

寒かったと思ったら涼しい季節を通り越していきなり暑くなったり、逆にまだ暑さが続くかと思ったらいきなり寒くなったり。

こういった変な季節の移り変わりを迎える度に、子どもたちが大きくなった頃やその先の頃までを考えると、とても心配になる。

とは言っても、ようやく街に輝くイルミネーションたちにお似合いの寒さになった。

イルミネーションの輝きに負けじと目を輝かせて見入るムスメたち。

街の至る所でキラキラと光るイルミネーションを眺めていると、大人でも夢見心地になってしまうんだから、子どもたちにとっては尚更のことだろう。

 

この子たちはこの光景を眺めながら一体何を考え、何を頭の中に描いているんだろうな。

 

ワタシはそんなことを考えながら、ムスメたちの背中をジッと見つめた。

スポンサーリンク

飾られていたイルミネーションの中に『プレゼント箱』があった。

それは電動で箱のフタが開閉する仕組みになっているもの。

目を輝かせているムスメたちは、この箱の中身をどう想像するかが気になってワタシは尋ねてみた。

 

『このプレゼントの箱の中には何が入っとうと思う?』

 

何でもいい。

何でもいいから答えてごらん。

今その頭の中に描いた、夢と希望をこの箱に詰め込めばいい。

 

クリスマス前だし、自分が欲しい物でも言うのかな。

それともこの雰囲気に魅せられて、もっとロマンチックなことでも言い出すのかな。

 

ワクワクしながらムスメたちの反応を待つと

 

開閉する箱をジッと見つめていたつむぎが口をひらいた…

 

 

 

『うどん!』

 

 

 

ちょっと待て!

 

うどん…?

夢は?

希望は?

ロマンチックは…?

 

『ほら、見てよ!』

興奮気味に箱の中を指差すつむぎ。

 

この電球を繋ぐ白い線が、つむぎには『うどん』に見えたらしい。

 

そうきたか。

 

キラキラと光り輝くプレゼント箱の中身を聞かれて

『うどん!』

そう答えられる、常識に囚われない子どものこの発想力。

 

ワタシが今サンタに何かプレゼントをお願いできるとしたら

常識に囚われないこの発想力だろうな。

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【家族・赤ちゃんの撮影ならFamm出張撮影】

 

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

世界で一番愛のこもった作品を​作るお手伝いもしています。

■noteでもパパ目線の気付きを綴っています。是非ご覧ください。

■ランキングに参加しています。下のボタンをクリックで1標になるのでぜひお願いします!!

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスコとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり 長男 : きよいち - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。