スポンサーリンク
子育て

時短でキレイ、窓掃除の方法。

片付けては散らかされ、捨てたと思えば取り出されている「いたちごっこ」の大掃除2日目。

「まずは朝ごはん食べるよ」

ツマがそう言うと、すかさずつむぎは、

「うんち!」

そう言ってトイレに駆け込んだ。

「朝ごはんに向けてお腹を空っぽにしてるんだろう」

ツマとワタシはそんな事を話しながらつむぎを待った。

その後は思った通り、調子良さそうに朝食を完食。

さあ、いよいよ大掃除開始。

「今日はどこまで進めれるかな」

と思っていた矢先、突然ばあばが訪問。

「しめた!」

ばあばにムスメたち任せ、ツマとワタシは急いで掃除を始めた。

途中、つむぎも張り切って参加するが、

「そろそろ買い物して帰ろうかな」

ばあばのこのひと言に様子が急変。

「うんち!」

そう言ってまた、トイレに駆け込んだ。

その後すぐに、「ばあばと一緒行く〜」と言って結局一緒に出かけてしまった。

この時は気が付かなかったが、買い物について行って何か好きなものを食べる為に、お腹を空っぽにしたんだろう。

「15時までは家で面倒見れる」

この連絡で少し時間に余裕をもらえた。

ツマにはひかりを見てもらい、ワタシは窓掃除へ。

以前、母(ばあば)が掃除屋を営んでいて、学生の頃は休みに入るとそこにお小遣い稼ぎの為、アルバイトへ行っていた。

そこでひたすら担当していたのが、窓掃除。

だから窓掃除には少し自信がある。

その時は、色んな洗剤や掃除道具が揃っていたけれど、今回はそれらがない家の掃除。

あるのはバケツと雑巾のみ。

そして時間も限られている。

そんな時の掃除方法として一番おすすめは、『雑巾を絞らずに窓を拭く

一切絞らない。

雑巾をバケツの水につけてそのままゴシゴシ!

水をびちゃびちゃにしながらとにかく拭く。

自分が多少濡れても気にしない。

とにかくびちゃびちゃに拭く。

その後、初めて雑巾を絞って拭きあげる。

仕上げに空雑巾で拭けば、これで完成。

もっと洗剤や道具、時間を使えばキレイにはなるが、小さな子どもと生活してながらの場合、『時短でキレイ』これが必須。

ぜひ。

スポンサーリンク

窓掃除が終わった頃だったろうか、ばあばから連絡があり、「この後焼肉を食べに行く様にしてたけど、つむぎも一緒に連れて行く」と。

「それと、またうんち行ったよ」と。

……

またお腹空っぽにしたな。

苦笑いをし、その後も掃除は続く。

その間にもツマのLineには、美味しそうに肉を食べるつむぎの写真が送られてきた。

ムスメが嬉しそうな姿は親も嬉しい。

だから、そこはいい。

そこは嬉しい。

でも、そのLineの中でツマもワタシも引っかかった一文があった。

「途中でまたうんち行ったよ」

ここだ。

もういいだろ。

さっきから写真で美味しそうな肉食べてるだろ。

胃腸健康過ぎだろ。

……

笑うしかなかった。

そんなつむぎに圧倒されている中、最近着替えをする度に恥ずかしそうに胸元を隠すひかりが、すごく乙女に感じた。

同じ親から産まれてきた子でも、ちゃんとそれぞれ個性ってあるんだな。

よし、明日こそ大掃除の仕上げだ。

年末絶対のんびりするぞ!

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。