スポンサーリンク
親子キッチン

パパがママで、パパはパパ。

いよいよ今日からツマが仕事復帰。

見送る側の不安を実感しながら、朝は玄関から手を振った。

さあ、ツマが帰ってくるまでの今日1日は、ワタシはパパであり、ママ。

ツマが家を出たのが午前7時。

ムスメたちが寝ている間はゆっくりと過ごそうと思い、コーヒーを入れている最中に寝室へ寝顔チェック。

静かに寝室を覗くと、しっかりムスメたちと目が合ってる。

一回その場を離れて、再度覗いてみるが、

やっぱり目が合ってる。

という訳で、思っていたよりも早い時間から1日がスタート。

元気いっぱいだが、なかなか熱が下がらないムスメたちを散歩に連れ出す訳にはいかず、朝食後は粘土遊び。

何色を、どう使ってもいい。

後で掃除しとくから、テーブルや床を汚したっていい。

食べさえしなければ、投げ飛ばしたって構わない。

好きなようにやってくれ。

こっちの方が絶対面白くて、のびのびと粘土遊びに夢中。

結構集中して疲れてきたひかりは、ちょっと早めのお昼寝。

ひかりが寝ると粘土の時間は終了し、ここからはお菓子作りの時間。

「今度はチーズケーキ作ろうか!」と、つむぎとワタシが話していたのを聞いていたツマが、材料を事前に買ってきてくれていたファインプレーのお陰で調理スタート。

まずは土作りにビスケットを砕く。

バターを溶かして〜

砕いたビスケットと混ぜる。

溶かしバターが混ざったいい匂いに…

土台が出来たら型に敷き詰める。

土台は冷蔵庫で冷やして、ここからはケーキの部分を。

まずは砂糖とクリームチーズを混ぜてから卵を。

生クリームとレモン汁を加えて混ぜていくと、既に美味しそう。

しばらく様子を見ていたけど、勝手に吸い込まれるのが止まりそうになかったから、強制終了でまた調理再開。

もう少しよく混ぜてもらったら、さっき作った土台に流し込んで準備完了。

もちろん、スキあれば勝手に口に吸い込まれていた。

約45分のオーブンの旅、行ってらっしゃい!

〈45分後〉

いい匂い!

美味しそう!

作り始めた時は「出来たらすぐ食べたい!」と言っていたつむぎは、

出来上がる頃には「ママが帰ってきてから一緒に食べよう」と言っていた。

本当に優しい子に育ってくれた。

スポンサーリンク

 

お昼ご飯を食べてしばらく遊んでいると、夕方頃に2人とも疲れて夢の中へ。

その間にツマが帰宅し、夕飯後にお待ちかねチーズケーキの登場。

誰よりも早くひかりの手が反応した。

毎回ケーキにはローソクを立ててハッピーバースデーを歌う流れの後、いよいよ実食。

見た目も完璧。

本当に美味しかった。

「つむが作ったのは、お店のチーズケーキより美味しいよ!」と感動するツマとワタシ。

少し照れ臭そうにチーズケーキを食べるつむぎ。

そして、少し冷静な目でこっちを見ているひかりにも食べさせる。

無理はさせない程度に、まだ本調子ではないムスメたちと楽しい時間を過ごせた。

ゆっくりでいいから、元気全開に戻っていこうね。

そして何より、ツマが帰宅した瞬間の安堵感がすごかった。

ありがとう。

今日も1日、お疲れさまでした。

■ 今回使った材料 ■

・クリームチーズ – 200g

・砂糖 – 70g

・卵 – 2個

・薄力粉 – 大さじ3

・生クリーム – 150g

・レモン汁 – お好み

土台

・バター – 50g

・ビスケット – 65g

ムスメに描いた手作り絵本『わらいました』公開。『わらいました』 文中の「あなた」の部分を、読み聞かせる相手の名前に変えて読んでみてください。 ...

▼ ▼ ▼ コチラもご覧ください ▼ ▼ ▼

パパライフ -世界で一番愛のこもった作品をあなたに-

minne -パパライフギャラリー-

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


育児日記ランキング     

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。