スポンサーリンク
子育て

ムスメに大敗。攻撃こそが最大の防御。

生き抜く知恵を身に付けたムスメに、見事返り討ちにされてしまった。

先日、ひかりが寝転んでる隣で、つむぎはオモチャで遊んでいた。

「大丈夫かな?」と思いながら見ていると、やはり心配は的中。

オモチャ入れにしていた缶の箱が、ひかりのおでこに直撃。

下唇を出し、おでこを摩りながら泣くのを我慢しているひかり。

不本意ではないのは分かっている。

それでもひかりに痛い思いをさせた事に対しては、

「ごめんねって言いなさい」と伝えた。

何かしてもらった時には「ありがとう」を、

何かしてしまった時には「ごめんなさい」を、

これはずっと言ってきたつもりだった。

それでも相手はまだ3歳児。

「ワザトじゃないのに…。」

この思いを表情丸出しにし、頑なに謝ろうとしない。

「痛い思いをさせた時は、ごめんね言いなさい!」

少し口調を強くするワタシと、涙目で堪えるつむぎ。

でも、ムスメの涙で意見を曲げるわけにはいかないワタシは、

「ワザトじゃないのは分かってる。だけどひかりが痛かったから謝りなさい。」

こう続けた。

すると、涙目のつむぎは急に服を脱ぎ始めた。

頭の中が「?」で埋め尽くされるワタシ。

ぽっちゃりお腹を出したつむぎは、真顔で「ペチペチッ」とお腹を叩き始めた。

「見て、裸ん坊だよ。」

そう言ってまた、真顔でお腹を「ペチペチッ」。

状況が全く分からなくなった。

「あれ?今怒ってたよね?」と心で思いながら、「ペチペチッ」に対して笑いが込み上げてきた。

笑いが我慢出来なくなったワタシは、

「こんな時にふざけるなんて!もう知らない!」の素振りで場を離れ、そこで笑いを我慢した。

置き去りにされて少しは反省するかと思いきや、

「ペチペチッ、ペチペチッ」とその音は近付いてくる。

振り向くとつむぎがまたお腹を叩きながら一言、

「見て、裸ん坊だよ。」

これで試合終了。

笑うしかなかった。

ムスメは「攻撃こそが最大の防御」という事を幼ながらに悟っていた。

そして、笑ってしまった以上は、ワタシももう強く言えなくなった。

「分かった、分かった。一緒にひかりにごめんね言いに行こう。」

2人でひかりのおでこをヨシヨシしながら、

「ごめんね」を言って、この件は幕を閉じた。

一貫して怒る事が出来なかったのは、親として少し情けないけど、

あれは笑うしかなかったな〜…。

【papalife パパライフ ブログ パパが子育てを楽しむ】

ABOUT ME
サノパパ
ご覧いただきありがとうございます。 福岡より、ツマとムスメとムスメとワタシの、毎日『予定通りではない』日常を綴っています。子育ての楽しさを共感していただけたら嬉しいです。 長女 : つむぎ 次女 : ひかり - パパはタノシイ -
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。